ルイごっこ
- 2008/03/29(Sat) 22:58 -
辻森から借りた大島弓子の本たちの中に、なぜかさりげなくルナティック雑技団が入っていて、なっつかしーー!と思いながら読んだ。

懐かしいと言っても本当に昔、リアルタイムで読んでいただけだったのですごくおぼろげ。ルナティック~関連の思い出といえば、ルイごっこをして遊んだことくらいだ。
当時小学生だった私。春と夏ちゃんという友達とよく遊んでいたのだが、学校帰りに通学路にあった公園で寄り道をするのがけっこう日課に近かった。三人ともりぼんを購読していた。だから公園に寄ってすることと言えば一つだった。

ランドセルを捨てて滑り台に駆け上る夏ちゃん。
その下で「きゃールイー!!」と叫んであげる春と私。

一通り笑ったらルイ役を交代だ。たまに君の瞳にラブ・ビームを入れてやる。僅か三人で異様な盛り上がりを見せる公園。大丈夫だ、現実では警察は来なかった。
すごく懐かしいので今度春と会った時にこの話をしようと思う。


で、十数年ぶりくらいに読み返しましたルナティック雑技団。

“「あばよ」って!?”に、ノンフィクションで吹いた。

ご飯食べてたんだよ。普通にぶぼって吹いて一人で笑ってしまった。一人でマンガ読んでて声に出して笑ったのなんてもっそれのニニンガシ以来だ。誰もいないのにちょっぴり恥ずかしかった私。

“白い壁に「堕天使」って書いて!?”にまた声を上げた。

二回、二回も。さすがルイや。小学生だった私達三人の心を掴んだだけはある。

三回目の“ズタ袋に夢をいっぱいつめこんで!?”にはもう条件反射のように声高に笑った。

ルイよ永遠に!ハート$☆ソングバイマクロ涙。

rui.jpg
スポンサーサイト
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
<<週刊☆今日のお兄ちゃん13 | メイン | さみしい>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |