スポンサーサイト
- --/--/--(--) --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | ▲ top
夏だよハル晃③
- 2007/09/30(Sun) 19:20 -
つづき。(ちょ…)
(どっかにあります)


三日目。


この日は前日だか前々日だかに急遽めろんに連絡とって「明日か明後日時間あったらあそぼー」と無理やり時間作ってもらった日でした。そんで夕方迎えのいくよー五時ころでオケ?と約束していたのです。
が。
なんかバタバタしててハルカすらほったらかしのままいろいろやってたら四時五十分。OH!なんてこった!遅刻どころじゃない。これはひどい。いまだパジャマだった晃はあるものひっかけて今思い返すと髪すら解かさないでマッハで準備をして車に乗り込む。気分はエースドライバー。今、ワゴンRに生命を吹き込んでやる!!

だがマイカーは応えてくれなかった。

待ち合わせのコンビニに着いてごめーん!!と乗り込む。待ったでしょうごめんねごめんね!という晃を見てめろんは「いや大じょ…つか、若!!」。え、そう?と頭を掻いた私はそこで起きたままの髪でいたことに気づき、さらに暑いからといって膝まで適当にまくったままのGパンという己の格好に気づいた。いや気づいたところで恥じ入る乙女心はもうないのだけれど。
制服イケるよマジまだ着れる晃なら着れる!という言葉を真に受けてそうかそうだよねまぁもっと言ってくれたまえはっはっはと話したところでハルカトイレから戻ったのでまた車に乗り込んで私の地元に戻ってきました。
その時点でたぶん六時半とかだったんでそのまま弟拾って、ボトルサービス券があった居酒屋行ったらなぜか開いてなくて違う店に。

だがそこで問題発生。

今日は車なのだ。

しかしどうする?と言う前にハルカが「いや私飲まなくていいよ運転するする。晃飲んでいいよ!」といってくれた。
「いやいやそんな悪いよそれはだってハルカは一応お客さんなんだしいやいやそんなそんなだって飲まなくていいのほんとにいいのそんなこと言われると私ほんとに飲んじゃうよっていうか飲み屋行って飲まないとか絶対ガマンできなくね私できないよビール飲みたくなるよいやいやそんな悪いし悪いけど……お願いします。」
お願いしました。
めろんは毎度のことながら飲まないので、結局四人で飲み屋行っても私と弟しか飲まないという事態に。これはねえ。この兄弟はねえ。それが晃ブラザーズ。(注:最低です)

だがしかしこの四人、話題がてんでバラバラなのである。

・ゲーム関連話題~ハルカ・めろん・弟
・ファミコン時代のゲーム話題~ハルカ・弟
・フルメタ話題~晃・ハルカ・弟
・三国志話題~ハルカ・めろん・弟
・エヴァ話題~ハルカ・めろん・弟
・サイト話題~晃・ハルカ・めろん
・ホモ話題~略

あれ、私以外に話題少ない。ゲームやらない&アニメは原作知ってるものしか見ないのコンボは弱かった。

そしてそのままカラオケに。高齢です。いや、恒例です。むしろ好例です。(もういい)
最初は普通にアニソンです。相変わらずSD流れると熱い三人組。弟は相変わらずミッチーミッチー叫んでましたが効かねえ。そんなものはねえ、効かないんですよー!!(@ダイ・アモン)(@バスタード)(@OVA)
そしていつの間にか失念していたことを思い知らされました。ハルカがメドレー入れたのです。
「歌えなかった人一気ね!!」(だがこの本人飲んでません)
まじかよーと盛り上がる四人。うきうきです。

晃「何年のメドレー入れたの?」
ハ「んとねー、97年!」
晃「うっわ懐かしい!この頃すげー音楽聴いてた」
ハ「だよね、なんか青春思い出すよね」
晃「そうそう!この頃もよくカラオケで遊んでたわ」

めろん&弟「あの…小学校低学年…」



・・・は?


晃「…は?」
ハ「まじで?いやだってこれ十年前…」
めろん「がっつり小学校入ったばっかとかそんなんですけど」
弟「俺も音楽とかそんなの聴いてない頃なんですけど…」

ちょ…(  Д ) ゚ ゚

ハ「いやわかんべ!だってちょー有名なのばっかだし!」
晃「聞けばわかるって!サビだけだし」
弟「あ、いやわかるよ大丈夫、俺好きだしこういう懐メロ」

晃&ハルカ「懐メロじゃねええよ!!」


恐ろしい事実を再認識した私とハルカは打ちひしがれながら歌いきりました。もちろん私とハルカしか歌えませんでした。なにこの歳の差。(でも何気に私とハルカは三つも違うんだぜ)

そのあと帰宅したわけですが、弟の部屋でよくわからん格闘ゲームやり始め、操作すらできない私を弟がフルボッコにしたあげくめろんと対戦したらなぜか私が圧勝したり、体力のない私とハルカは先陣切って私の部屋に戻って就寝したり、次の日話を聞いたらめろんは弟とゲームに夢中になりすぎて私達が部屋に戻ったのに気づかなかったとか、改めてゲーマーは熱いと思いました。


残念なことに続く。
スポンサーサイト
| CM(0) | ▲ top
<<夏だよハル晃④(完) | メイン | 養子もらいました。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://iedehutatabi.blog103.fc2.com/tb.php/5-2dc1519f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。