漬物
- 2014/11/13(Thu) 21:29 -
ここ数年ね~うちの弟が漬物作りを開始したのである。

茄子漬け作り始めてさ。確かきっかけが酒のつまみに茄子漬けを食べたいっていうところからだったと思う。
そんで茄子って最初すっごいほろぐの。ほろぐって方言なんだけど、ほろぐってどう言い換えればいいのかわかんない。
ちょっと待って今ほろぐの意味調べてきたけど「払う」とかになってて「ん??」と思った。はらうっていうか、ちょっと違う。ゆするに近い。使用例で「服の(埃を)ほろってきなさい(はらってきなさい)」ってあったけど確かにそうやって使うけどほろぐってのは動詞で、埃をはらうんじゃなくて服をゆすれって意味なの。ほろぐ、ほろう、ほろって、ほろがれて、みたいな活用形になるんだけど。あと前後にかかってくる言葉で微妙に動作が多様化されるっていうか。


ごめん、すげーどうでもよすぎたわ。



まーだから最初塩と茄子をたらいとかに入れてガンガン揺すって混ざるようにするの。この作業大事みたいなの。これをなまけるとまず失敗するらしいんだ。ちなみに私はやったことはない。
で、最初台所でやっててあたり一面に茄子の青い汁が飛び散って母親が発狂して、懲りた弟は次に風呂場で茄子をほろってそしたら案の定天井までも汁飛び散ってむしろ掃除の方が時間かかって、そのあとは庭でやるようになった。御近所さんに見られると恥ずかしいので(こっちの地方ではあまり若者は漬物つけたりしないのだよ)夕方日が沈んでから。
茄子漬けをここ何年かやってて。四年くらいかな?そんでこの前「白菜漬けにチャレンジしたいんだ」と言い出した。

どうしたの最近のおまえのやる気は。


そんでチャレンジしてましたとも。初めての白菜漬け。浅漬けとかじゃないよ。そういうんじゃなく、白菜をちゃんと日干しして水分抜いてからでっけー樽に一週間くらい漬け込むようなやつ。あれをねー、先週チャレンジしてたんですよ。
で、今日で七日目なのでみんなでわくわくしながら試食会。これが成功だったんですよ。すごいよね。レシピ通りにしただけだよって言ってたけど初めての白菜漬けによくチャレンジしたよ。ていうかすごい時間のかかる漬物だから失敗したときの精神的ショックでかいだろうなってみんなで話してたんだけどよかったほんとに成功して。そして私白菜はもう食べれなくなるよってぐらいのギリギリな感じの味のときが一番好きなのでもう数日後が楽しみ。

弟が漬物マスターになってゆくよ。ちなみにまだ二十代独身です。
でも私は漬物大好きなので問題なかったのであった。
スポンサーサイト
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
<<優しいって大事 | メイン | ページが少し変わった>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |