プチ同窓会
- 2014/06/27(Fri) 22:30 -
先日友達が私のお疲れさん会を開いてくれました。


私含め四人だったんですけど、中学三年のときの同級生だったので、この四人で集まるのは実に15年ぶり。(あ、歳ばれましたね)懐かしいんです。超懐かしいんですよ。四人で集まるのは中学卒業以来だったんですけど、個人個人とは会ってたのでそこまで久しぶり!って感じでもなかったんですけど、まぁでもお酒を飲めるようになって初めて集まったメンツ。
中学三年のときは六人グループでした。まぁたぶん今で言う一番リア充なグループでした。でも六人きっかり集まってお酒を飲んだことはないです。高校もみんなバラバラだったので。高校のときはちょいちょい遊んだと思うんですけど。

で、フェイスブックを始めて(私は基本放置ですが)コンタクトとりやすいってことでなんか集まってくれて。
四人で酒飲むとかほんっと初めてだったのでなんか知らないけどみんなして最初からテンション上がりまくってたぶんほんとにうるさかったと思う。私なんかあんなに爆笑し通した飲み会ほんっとに久々だったと思う。
やっぱ懐かしいわけですよ。昔の話とかいろいろしたんだけどやっぱみんな覚えてるところが違うんだよね。そういうのも新鮮。卒業式のあとカラオケ行ったよね!となったけど私が覚えていなくて。でもみんな私が歌ってる写真あるよとか言ってるので行ったんでしょう。さらにそのあとあゆちゃんちにみんなで言ったんだよ、といわれたけど誰もその記憶がない。私にも無い。確かめるすべもない。でも懐かしい。

二人は既婚者なんですけど、明日地区のママさんバレーだよとか言ってて笑った。まじ大変そうなんですけど。PTAとか子ども会とか近所付き合いとかハンパねーんですけど。

いやでもさ、私学生時代で一番楽しかったのが中学三年のときだったな。すごい楽しかったです。うちのクラスは平和がモットーだったのでいじめとかいやがらせとかもなかったし、毎日学校楽しかったですよ。担任も若かったし、中学には嫌いな先生とかもいなかったから行事とかなんか一致団結してすごい盛り上がってたし。当時市内ではわりとDQN中学として名をはせていた中学だったんですけど、先輩と後輩はDQN世代でしたがどうも間に挟まれた私達の学年は完全平和な学年でして、わりと大人しい学年でした。世の中愛と平和が大事だからね。平和が一番だよ。
いつも一緒にいたのが六人だったんですけど残り二人とも私は連絡取っているのでもしかしたらいつか六人で飲めるかもしんないね!とか言っててワクワクです。そんで三年の時一緒だったクラスメートが飲食店やってるので、そこ貸しきって忘年会しようよとか盛り上がってました。
そのまんまカラオケ行ったらまさにその飲食店やってるクラスメートとばったり遭遇してすごい偶然。ていうかさすが田舎は狭いよね。なんだよこれなんの集まり!?同窓会じゃん!!と盛り上がってアドレス教えてよ~という流れになって。
「ライン教えてライン」
「教える教える、まってね」
晃「まじか…時代はラインなのか…」
「え!?ラインやってねーの!?」
晃「やってねーよ」
「やれよ!なんでやんねーの!」
「あゆちゃんなんかやってくんないよねw」
「やろうよ!ラインやろうよ!!」
晃「必要性を感じない」
「いや必要でしょwwこんだけみんなに誘われてんだからww必要だよww」
晃「…めんどくさい」
「パソコンからでも出来るよ!パソコンならいいんじゃない?パソコンでやろうよ!」
…これでさ、だまされたよ。パソコンから新規登録できないんじゃん!まじだまされたよ!インストしちゃったよ。しかも勝手に起動されてるからアンインストールできなくてなんか今日がっかりして過ごしました。

いやでも楽しかったです。でもカラオケとか何回も何回も延長してるから最後にとうとう「もう延長すんな」って打ち切ってきましたけども。いやなんかこんな書き方してるとすごい私が冷たいみたいですけどそんなことはないんですよ。割とこう、なんかどこ行ってもそうですけど私はまとめたり仕切ったりとかいうポジションなんですよ。とりあえず最終決定は私が、みたいな。
でも友達もそろそろ子育てがひと段落してくる時期なので(私の周りは結婚早いか独身かのどっちかしかいません)(早い子なんかもう子供中学生ですよ。ありえんって)しかも超楽しかったのでまた近いうち集まろうよって話してます。相変わらずラインやってませんけども。なんか昔の友達に会うとその当時に戻ったような気持ちになっていいですね。心だけは若くいたいものです。
スポンサーサイト
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
<<七月になってしまった | メイン | 最近読んだマンガの話>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |