スポンサーサイト
- --/--/--(--) --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | ▲ top
旅行してきました
- 2013/09/02(Mon) 19:32 -
いやいやいや8月終わったとかいやいやいや。参ったね。

先月はお盆休みに有給くっつけて長めに休んで友達と東北一周旅行してきました。

私かねてから温泉好きだと公言してるんですけど、去年の夏に東北のおんせんぐるーっと回りたいなぁって思いながら(日帰り多いので)お盆も一日ずつとかで予定こなしてって、なんかアレだよね、なんかそういうのって結局あとに何も残らないんだよね。なので来年は一人旅にでも出ようかなって思ってたんです。車も買ったし。車で。ぶらっと。東北ぐるっと回ってあきたら帰ってくる感じにしよっかなーって思ってたの。

そしたら家族に反対されました。車なのでね。一人はやめて、と。

そういうもんかと思いつつ今年はじめくらいに友達に夏に旅行しない?っていってみたらすげーノリノリでOKもらって私もまじか!やったー!と思ってそこから計画をたてる日々。

三月くらいまでに東北六県の観光場所とかレジャー施設とか全部(全部だよ全部。一つの県につき軽く三桁はありましたね)調べて一覧にしてとりあえずどこいきたいかこれに目を通してくれっつってプリントアウトした紙渡して。
でもありすぎてわかんねーときたもんだ。

で、日付も日付なのでまだお互い有給確定してなくて、そのままGW迎えてだめだ宿だけでも確定しないとだめだ、と思ってその辺にお互い会社に有給申請して(もちろん勤め先は別です)私の方が予定してたより一日少なくしかとれなかったんですけどとりあえず8日間は休みが確定したのでそこからまずどこに行くか、と打ち合わせ。

私宮城に住んでいるので岩手山形はいつでもいけるっつって今回の旅からははずしました。その代わり新潟行こうか!?となって急遽新潟に。そんである程度予定決めて(私が)宿手配して(私が)そこから工程詰めてって、結局がつっと旅行の体になるんだったら絶対に失敗したくないマメな私は先に15分単位で予定組んで調べつくして旅のしおりなるものを小冊子で作った。
完全やりすぎです。どんだけマメなの。小冊子ってもはや本ですよ。
なんせ通る高速道路のSAとかPAの情報まで全て調べて一覧にしたからね。やりすぎです。

実は一緒にいく友達はもう一番の親友の女の子なんですけど、彼女は決めるということがなかなか難しいタイプなので今回の旅はいつも通り私が先頭にたってあれこれと仕切っていかなければいけないだろうなと思っていたのでそれもあって結構最初から飛ばしすぎなほど細かく決めてたんですけど(なんせ無駄な時間を作りたくないせっかちな性格なので)でも彼女は方向性さえ決めてしまえばしっかり私の尻を拭いてくれるタイプなのでそういうところはすごく楽なんですよね。

今回の旅も私がほとんど運転してて、(なんと総走行距離は2300kmでした)その横で道路地図とかいろいろ見ながら時間短縮なったときはこの辺にこういう観光スポットあるよ!と情報を提供してくれたり、あれしてこれしてと指示を出すだけで運転しっぱなしの私に代わってこまごまと動いてくれました。


そんで今回どこ行ったのかというと、まず一日目は一気に青森へ。
予定では三沢の寺山修司記念館しか入れてなかったんですけど、途中の淋代海岸っていうとこに寄ってちょっと遊んでみたりして、それから記念館行きました。私高校生の頃から寺山修司大好きで大好きで一生に一回でいいから記念館行きたくてたまらなかったので今回ようやく行けて本当に感激しました。記念館の前の寺山修司パネルとふざけた写真とかとったりしてね!
そのあと十和田市に入って奥入瀬渓流で写真撮ったり散策したり、あとは十和田湖行って遊んだり。そんで十和田湖周辺に宿取ってたんだけどもちろん温泉です。今回の旅のこだわりは温泉です。すべての宿で温泉入りたかったのでこだわりです。

二日目は竜飛崎いったんです。正直何もないだろうって思ってはいたんですけどでもせっかくここまできたんだし絶対いこうっつって組んだ予定だったんですけど、竜飛崎に行く途中の道がすんごいきれいできれいでなんかほんと感動して私運転してたんですけどあまりに景色が良いので思わず駐車帯に車止めてしばらく景色みながら遊んでました。私は今回の旅で一番ここが印象に残ってます。
そんで竜飛崎で写真とってあとはつがる市の高山稲荷神社行きました。(ていうか御朱印集めてるので今回も神社とかすげー行きました)そんでそのあと岩木山神社いって、弘前城にもちらっと行って人目も気にせず足軽兵の真似とかして(アホか)やー!とか言って騒いでました。宿は岩木山神社の近くにとってたのでまた戻って。ここの温泉がけっこう熱くてあんまり長湯できませんでした。

ちなみに私は食直後に温泉入るのを苦としないので夕飯直後と朝食直後に毎回温泉はいってたんですけど(その時間帯空いてるんだよ)友達は夜だけしか入らなくて。でも私は朝の支度とかわりと早いんですけど、友達はけっこう遅い方なのね。朝も起きるの苦手みたいで。(私も苦手だよ)でも私は起きてすぐご飯とか食べるのも習慣になってるので平気なので朝は朝食ギリギリの時間まで寝ててご飯食ったらすぐ温泉いって、みたいなサイクルだったのね。朝の支度も私がどうせ早いだろうから逆に私が温泉入りにいけばもしかしてちょうど良いかな?と思いながら毎日入ってたんだけど、今回の旅は彼女もすごく気をつかってくれてたんだろうと思う。私よりも毎日準備を終えるのが早かった。私より早い彼女を初めてみた。
私が温泉から帰ってくるともう着替え終わった彼女が毎朝迎えてくれたんだよ。
はえーな!って言うと「いや私トロいから」っつって。トロいから迷惑かけまいと頑張って毎日早めに支度してくれたんだね。なんといういじらしい彼女。頑張ってくれてるのがわかるので私も多めに運転してあげました。
ちなみに朝食は毎朝7時半からだったんですけど、食事をだいたい20分から30分くらいで食べ終えてそのあと私は温泉いって友達は準備始めて、なんだかんだで準備を終えてたのが毎回8時半くらい。そのあとは少ししおりのレビュー欄(宿のレビューを書くページを設けた)とか書いてて9時近くになってからそろそろ出っか、っつって出発する感じ。


三日目は白神山地行きました。是非歩きたい!とお互い希望してたので。でも本格的に歩く体力が私たちにあると思うか?ということでミニ白神っていうところにいきました。30分くらい歩くコース。なんせ車できてるからね。旅も真ん中だし疲れを引きずってはいけないと抑え目に。
歩いたあとにくろもり館とかいう入山許可とかもらう場所の館長みたいなおじいさんにつかまってなんか延々と白神の説明されたり、くまの剥製と一緒に写真とれとか言われてしかもこういうポーズで撮りな!とかポーズ指定されてなんか知らんけど言われるがまま写真とられました。あとたぶんだめだと思うんだけどそのおじいさん白神山地の木とか折ってきて記念にあげる!とかいってよこしたんだよ。だめだよねえ?いらないよ!っつっても押し切られて持たされましたけど。あとタマゴダケっていうキノコもとってこられてさすがにキノコはいらない!さすがにいらない!と断りましたけど。横で友達がどんだけおじいさんに気に入られてんのっつって爆笑してました。なんだ私はジジキラーか。

あとまた弘前に戻って神社いって(友達が急遽寄りたいっつって)御朱印もらって。あとは秋田に入って大湯ストーンサークルってとこいきましたけど、広大な敷地なわりに人いなくてびっくりした。看板とかけっこうでてたのに。あと玉川ダム寄ってダムカードもらった!嬉しい!ダムカードもいまだに集めてる!

三日目はあれです、乳頭温泉。どーーーしても私行きたくて。大釜温泉にしました。
宿について私はもうハイテンションです。友達はけっこう疲れてて部屋から一歩も出てこなかったんですけど私は一人で探検してくるね!っつって一人で館内うろうろして外の足湯とか一人で浸かって満喫してました。ほんで温泉入りたくてそわそわしてて夕飯の直後に今なら人いないはず!って友達をほったらかして一人で入りにいったんだけど案の定誰もいない!貸切!
やったー!っつって一人で泳いで泳いで岩で手を切って我に返って落ち着こうとおもって露天行ったら小さいのと大きいのがあったので何が違うんだろう?と思いつつ思いっきり小さいのに入ってみたら水風呂でガチでうわー!冷たい!!って叫んでびっくりして大きいのに入ったらこれはもう冗談ではすまされないほど熱くて今度はうわー!熱い!!って叫んでしばらく裸で何が起きたのか理解できないまま突っ立ってました。
冷静になって指先を突っ込んで見てもヒッ!ってなるくらい熱かったのでまじで露天には入れなかった。どういうことなの?源泉なの?ちょっと理解できませんね…とか誰もいないことを良いことにぶつぶつ言いながらシュンとして内湯に戻りましたけど。でも泉質はずばぬけて良かったです。まぁ貸切だったからよしとしよう。
部屋に戻って友達に露天めちゃめちゃ熱いぞ1秒だって入れないぞって教えたあと友達が風呂から戻ってきたら「さすがにあゆちゃん大げさでしょと思って露天行ったら冗談じゃなく一切入れなかった」と言ってた。熱すぎ。


次の日は男鹿水族館GAO行きました!道路混むってなんかで見たので予定に入れるかどうしようか迷ってたんですけど行ったことのある友達が全然大丈夫だからいってこいって教えてくれたので行って見ることに。そして言われたとおり大丈夫だった!ほんと男鹿半島の端っこにあるから外に出ても楽しい。
そんで途中にあった神社に寄ったらなまはげの神社だったみたいでなんか祭事で使うなまはげのお面があって御朱印書いてもらってるときにそのお面つけて遊んでました。自由にかぶってOK!ってかいてあったの。あと包丁とか桶とかもあったのでなぜか私だけがその三点セットを完全に装着して悪い子はいねえがー!って叫んで…みようかと思ったけどさすがにできなかった。三点セットを身につけてなまはげになった気分で写真を撮っただけです。だって…他にも人がいたんだもん…。根性なしと呼んでくれ。
そのあとは秋田市内に入ってポートタワーセリオンっていう展望台登ってあと時間余ったので秋田城跡ってところにいってみたら跡すぎて何もなくて吹いた。宿に早めにはいって、この日は市内で温泉はあるけどホテルだったので特筆するようなこともなにもなく。

次の日は大移動の日で、秋田から一気に新潟へ。マリンピア日本海いってきました。閉館30分前にもなるとガラッガラで写真とりほうだいです。通路とか完全独り占めしてました。
ほんで新潟に宿とってたのでそのまま宿へ。温泉もちろんついてます。ここもすごく可愛い旅館で、でもここの宿が今回の旅の中で一番安い宿だったんですけど食事が一番豪華だった。びっくりした。
温泉もすごくよかった。温度がちょうどよくて私たちが入ったときはもう貸切状態でまた泳いできました。

次の日は新潟の弥彦神社とか行ってあとは伊佐須美神社とかいって(友達がどーーーーしても行きたいって行った神社なのでなんかあるんだろうね。イザナギだかイザナミだかなんかいろいろ説明してくれてたけど忘れました)あとは時間に余裕あったのでまた海岸いって遊んだり。そのあとは福島行きました。

南会津に宿をとっていたんですけど、宿に向かっているときにいきなり集中豪雨。1メートル先がもう見えない状態で私しぬかもしれんとか思いながら運転してました。そしたら途中のトンネルがその豪雨に寄って折れた大木で半分入り口塞がっててびっくりした。でも無事ついたんですけど。
福島の宿は貸切露天付っていうプランで頼んでさっそく露天いったんですけど別に貸切ではなかった。けっこう適当な宿だった。まぁいいかと入りましたけど。先に入ってらした方といろいろ話しとかしてそういうのも温泉の醍醐味だよね!私は積極的に話しかけてしまいますけど!特に中高年の方とはすぐお話しますけど。
内湯もすごいよかった。ちょっとだけ熱かったかな。露天はちょっとだけぬるかった。(難しいな)
そんで最終日は会津若松で遊んでようやく岐路に着きました。地元帰ってきたのは四時くらいだったかな。

今年の夏は楽しかったです。そんで昨日ようやくアルバム作りも終わったのでようやく旅が終わったって感じです。(私のアルバムはガチで気合入っているので一週間かけて作ってます)

車の旅行も運転とか思ってるよりしんどくなるんだろうなぁ~と思いながらいたけど、逆に思ってたよりしんどくなかった!つーか助手席でいろいろしてくれたからだと思うけど。
そういえば秋田の高速道路で逆走そてる車みたし、新潟のスタンドによったとき店員さんお昼寝してた。起こしてすんませんっつったらいやすいません!ってよだれふいてた。

低予算で組んだ旅行だったので(これだけやって6万ちょいの予算ですよ。低予算でこれだけの工程を組めた自分をさすがだと自分を褒めたい)これは数年に一回やってもいいんじゃないかと思ったけどもう年齢が年齢なのでだんだんキツくなっていくのかなwと思って遠い目をしてます。
まぁでも女同士で気ままに回る旅も楽しくて良いですね!
スポンサーサイト
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
<<未知の世界 | メイン | 12年ぶりとは何事だ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。