スポンサーサイト
- --/--/--(--) --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | ▲ top
もしも宝くじが当たったら
- 2012/03/18(Sun) 21:43 -
もしも宝くじが当たったら、という妄想を例に漏れず私もするわけです。

一億くらいなら仕事を続けて老後を考えて慎ましやかに過ごします。二億くらいならちょっと今の仕事は止めてバイトとかフリーターになろうかなとか迷います。三億でも同じかな。
今一等六億でしたっけ?
六億当たったらさすがに今の会社はやめます。そんでお店やりたいです。喫茶店兼雑貨屋みたいなお店を。あ、もちろん私は企画するだけでバイトとか雇いますけど。あと夜は会員制のバーをやります。しかも地元でやります。そんで見知らぬ酔っ払いとかきても「いっぱいだよ」っつって断ります。店ガラガラでもいっぱいだよって言います。会員制とか言っておきながら完全に身内しか入れないでやります。しかも定期的にバーのコンセプトを変えて、今回のコンセプトは学校!とか、今回はロココ調!とか、今回は昭和レトロ!とか好き勝手にやり続けたいです。

あと完全に趣味に走っていいなら本当は温泉掘りたいです。そんで自宅に露天作って好きなときに入っていやされたいです。でも掘れば必ず出るというならいざ知らず、例え出てもめっちゃぬるかったりとかも考えられるし、そうなると汲み上げるポンプだとか定期的に詰まるであろうパイプの掃除だとか循環させる装置とか光熱費とかの諸々の維持管理費を考えると、私まだ二十代なので相当かかると思うんです。七十までそれを維持したらあと四十年以上。六億なんてあっという間になくなりそうです。なので逆に温泉つきの別荘を買ったほうが相当安く上がるっていうね。自宅に温泉はまず無理でしょうな。

と考えるとやはり最初の気まぐれカフェ&バーを経営した方がまだ無難なんです。
でも友達が一億当たったらそのカフェ&バーやるって言ってるので、六億当たらないと踏み切らない私よりは確率も大きいと思うので私はそのおこぼれに預かろうと思ってます。なので雑貨の仕入れは任せろ!とかいばってます。


こういう妄想を宝くじの時期には毎回するんですが私は宝くじを買ったことがありません。宝くじも買わずにもし当たったらなんて妄想が出来るのはむしろ特技だと思ってます。
スポンサーサイト
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
<<キムチ作り | メイン | アッ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。