なんと暑い6月
- 2011/07/06(Wed) 22:51 -
6月だというのになんって暑いんだ!とか思っていたらすでに7月でしたという残酷な話です。


あっという間ですね。なんか毎回こんなこと言ってますね。

そういえば私机を購入しました。
私の部屋の側面(壁と言う壁)に六段の本棚が並んでいるのですが、(それが室内に8つあるんです)3月の地震で全て倒れたんですね。一応L字金具はつけてはいたんですけど、震度6強ともなればその金具ごと吹っ飛んでいまして、両脇の本棚が折り重なるように倒れていて(そのせいで部屋の壁に穴があきました)中の本が全て部屋に散らばるという、本の多い部屋としては想像に容易い有様を呈しました。

地震の当日はいくら部屋が荒れようが壊れようが命あればこそ!と強気だったのでへっちゃら(死後?)だったんですけど、日が経つにつれだんだん直視できなくなっていきました。私の生活の場はしばらく茶の間でした。

私の部屋とは別にマンガ本の部屋というものがうちには存在していまして、その部屋には特注の本棚があるんですけど、そこは公立中学校にあるようなスライド式の本棚が壁を埋めているんですけど、その本棚は4月の2回目の大きな揺れでついに壊れました。

まぁそれはいいとして、そんで私はもうほんと自分の部屋なのにどうしていいかわからず、他の部屋にマンガ本をとりあえず全部移動したんです。最初は1人でやってましたけどとてもじゃないけど終わらなくて結局総勢四人で移動しました。


で、そこから月日は流れて三ヶ月・・・



いやもうさすがに地震のせいとかにできなくね?ってくらい時間が経過して、ちょうど地震保険も降りたということで、前から考えていたパソコンデスクを新調したのだ!
嬉しい!憧れのL字デスク!
そのついでにようやく部屋の片付けに取り掛かりました。

前回の日記でひまでしたとか書いてたくせに現実から逃避してた体たらく。自分のことなのに信じられない。


本棚は今度こそ建築屋さんにしっかりと留めてもらったので大丈夫。
さぁまた本をいどうするぞ!


なんという過酷な労働でしょう。
移動途中のときに弟が私の部屋に覗きにきて「部屋が死んでる」と笑いながら冷やかしていました。本を本棚に入れる作業なのでそこはやっぱり自分じゃないとね。手伝おうか?と言われましたがノーテンキュー。
仕事から帰宅したあと一日平均六時間片づけをせっせとして、それを一週間くり返してようやく人が住める域に達しましたよ。しかもL字デスク。なにこれどこの社長室?
調子に乗って社長の椅子みたいなのも買ってしまいました。


弟に部屋片付いたんだけど!とドヤ顔で報告するとわくわくしながら私の部屋を覗きにいった弟が「かつてないほど片付いてる!」と叫んでました。いやそんなことはないよ。過去何度かはこのレベルで片付けてたよ。
掃除というか、部屋を片付けると運気もアップするそうです。なにがなにやらです。

まぁとにかく、ようやく最近片付いた部屋で、私は社長の椅子に座り大きな態度でパソコンに向かっているのです。


ところですっかり遅くなりましたがブログコメントのレスさせてください。
>3/12
わざわざコメントかいてて下さったのに長い時間が経過してしまってすみませんでした!
私は無事でした。というか、私の住んでいる地域は本当に奇跡としかいいようがないほど隣の地域と比べて被害が少なかったので救われました。その分いっぱい頑張らないといけないですね!
本当に遅れてしまってすみません。心配してくださってありがとうございました。


>3/23
コメントありがとうございます。ご無沙汰しております。
心配してくださってありがとうございました。とても励まされました。
本当に私の周りはもう地震前とほとんど状況の変化はないです。物流もオールOKです。飲食店もなにもなかったかのように営業再開しております。ここに住んでいる私や私の周りの友達みんなでなぜここだけこんなに何もなかったかのようなんだ…?と真顔になるほどです。
でもこうして元気な町がないと他に対しての発信源にもなれないですし、それはそれで良いことなんだと思っています。そちらは何か被害はなかったのでしょうか?大丈夫でしたか?
ここのところ猛暑なので夏ばてにはお互い気をつけて過ごしていきましょうね!コメントありがとうございました!
スポンサーサイト
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
<<なぜかオリエント史 | メイン | もうすぐ3ヶ月>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |