五月病もそろそろ終わり
- 2010/05/19(Wed) 22:39 -
寝ても寝ても眠かった春を越えて、何事にもやる気元気根気の起きなかった五月病も、恐らく終盤に差し掛かった辺りのような気がします。

相変わらずテンションは平行線のままですが、気づいたらブログ放置していました。
嘘です。
わかってました。なんか書こう書こうと思ってもなにも浮かばなかっただけです。
というのも微妙に嘘で、浮かばないという建前で、本当はひたすらパズルやってました。

先月辺りに久々にパズルやろうと思って、千ピースのパズルが一つ手付かずであったはずなのでとりあえずそれをやろうと思ってたんですけど、なぜかどこにもないんです。自分の部屋にあるのは確実です。でもなくて。簡単に言うと紛失です。この一部屋であの大きなパズルの箱を紛失とか、自分のことですが本当にありえんと思いました。
で、なくて、ネットで購入するかと思っていろいろ見てたんですけど、世界遺産でもやろうかな~とか検索してるうちにネットで出来る世界遺産のパズルみたいなサイトがあって、あれもうこれでいいんじゃね?とか思い始めてそこでひたすらパズルやって案の定さっさと飽きて、あとはパズルゲーム探して、今は指定された数字になるように数字を入れ替えて足し算で合計になったらその数字のマスが消えて、最終的に全部消えればクリア、というようなパズルをひたすらやってます。しかも、けっこう時間がかかるときはかかるので、1面クリアするのに下手すると30分から50分くらいかけてたりして、今39面・・・。40分計算にしても恐ろしい時間を費やしている気が・・・。
自分で言うのもなんだけど、なんか無駄だ。
ブログ書こうと思ってパソコンつけても一回そっちのパズルやってから~とか思ってそっちやって気づくと寝る時間・・・というような日々をすみません一ヶ月は続けてます。数字のパズル以外にもひたすら間違い探ししてたりひたすら上海してたりしてます。
私こんなゲームするたちだったかしら!しかし振り返ってみると、昔からテトリス好きでした。しかも、まとめて一気に消すとかは焦燥感に駆られて出来ないタイプなので、一列一列ちまちま消して、点数とかは全く気にしなかったです。あと桃鉄を一日10時間くらいひたすらコントローラー二つもって(一つは勝つ用でもう一つはボンビー(負け)専用にして何かと競うことは一切放棄)一ヶ月くらいやってました。なんかそういうタイプなんですね私。なのでパズルとか好きなんだと思います。
わ~い。どうでもいいほんとに。


ところで最近読んだマンガといえば。

ニコイチ
ヤングガンガンでやってる連載です。最新刊の7巻まで読みました。
あるようでなさそうな話で面白かったです。付き合ってた彼女が交通事故で死んでしまったんだけど、死んだ後に子持ちだったことが発覚して、その子供を引き取るって育てる、というお話です。なんか前こういうドラマなかった?と、思ったら、子供がおかーさんおかーさんとぐずるので、主人公(男)は女装してお母さんになりすます、という展開でした。その生活が子供が小学生になっても続きます。けっこう笑えた。
なんかニコイチは女性誌にも書き始めたという噂を聞いたんだけどよくわかりません。
とりあえず主人公の男バージョンのときの髪型はいかがなものかとは思う。とりあえず女バージョンのときと、なつみさんというキャラはすごく可愛いと思った。というかなつみさんの嫌味のなさにびっくりした。男が描くからなのかどうかはわかんないけど、女があんなふうにさらっと嫌味のない可愛い女キャラを描くのは相当難しいと思う。
女装ネタで思い出したのが昔少年チャンピオンで連載してたスーパーバージンだな~。懐かしいなぁと思った。そして地味に単行本欲しい。


おやすみプンプン
「ねぇねぇにこにこプンプンって読んだことある?」と友達に言ってしまったあとでそれはNHKだぜとか自分でつっこみ入れました。直前にじゃじゃまるの話をしていたせいです。
おやすみプンプンの作者が描いた違うマンガが映画になってるんですよね?なんか映画館でおやすみプンプンのグッズ見つけて、なんで?と思ったら確かこういうことだったような気が。
おやすみプンプンは一言で言うと「くっら!!」です。久々に根暗な王道をいくようなマンガを読みました。
「君たちの未来は無限に広がってるよ!!  なんていうことを真顔で言うような大人にはなっちゃだめだよ!!」と、夢想の神様にさえ言わせてるようなマンガでした。母親が良くも悪くも母親らしからぬ人で私は最初から主人公のプンプンと同じように母親に対して特に共感するだとか同情するだとか愛着持つだとかはなかったんですけど、7巻あたりに初めて母親らしい一面がかいまみえて、あーそっかこの人はそれさえも子供に気づかれないようにしてたんだな~って思ってちょっと見方が変わったんですけど、それでもプンプンはあっさりと最後まで母親のこと好きじゃなかったので逆に潔かったです。
確か今高校生くらいになったはずなんだけど、やっぱり小学校エピソードの頃が一番面白かった。



というようなことをしながら、またパズルに戻るわけです。ハイ。
スポンサーサイト
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
<<映画 | メイン | GWは目の前(BlogPet)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |