もしかして厄
- 2010/03/24(Wed) 21:19 -
実はですね、一月の正月早々にうちの弟は車で事故起こしたんです。
まぁこれも自損事故という自爆だったんですけども。
その日弟は出勤で、正月に降った大雪がまだ道路には残っていて、朝のツルツル道路にハンドル取られたらしいのね。それで前の車も滑ってて、急ブレーキかけられて、しかし弟はブレーキ踏んだけどやっぱり道路滑って止まれなくて、このままじゃぶつかるううってんでハンドル切って対向車線に飛び出したのさ。
そこへやはり対向車出現。
これもまずい!ということでさらにハンドルを切って、対向車線脇の縁石を飛び越え、田んぼに突っ込んで止まったらしい。
救助を待っている間にその道路で三台滑って事故ってたらしいです。
その日私は会社休みで家にいて、昼間起きてったら母からことの顛末を聞いて「ばかだあいつばかだ」とこきおろしてました。弟自体はケガも何もなく、車だけ修理屋さんに預けて母に送ってもらってそのまま出勤したそうなので、帰りも迎えにいくことになっていたので私も一緒に迎えに行ったの。
弟はちょー元気で、「俺ダイハードだった。俺はダイハードの撮影をした。あれは事故じゃねえ。ダイハードだ。」とかのたまっててほんとに元気でした。車は一日の修理で戻ってきました。

それからちょうど二ヵ月後、私の自損事故ですよ。私も朝の凍結道路にまんまとハンドル取られて歩道につっこみ自爆。私の場合は車回転して(一回転して立ち上がって止まった)もうだめだろこりゃ・・・という状態になった車はあえなく廃車。彼氏に「兄弟揃ってダイハードの撮影したね」と言われるぐらいの有様。弟に話したら「今朝はしょうがない。あのツルツルさはしょうがない」と言ってくれた。ばかだとか散々言ってごめん。しかし私も車を見る限りドライバー大丈夫かこれ?という悲惨な状態だったにも関わらず無傷。事故起こした午後は普通に会社に行くぐらい元気。でもなんか今年車関係ついてねーな~ってな感じで話をしてた。

で、うちの母は今年新車を購入。一目ぼれしたカラーの車に乗り始めてうきうき。しかし私も弟もこの有様なので、なんか、なにかしらあるんじゃねえかなーとは思ってたのよ。
と、思ってたら、「当て逃げされた~~~!」と母が帰宅した日があった。
やっぱりキタ!と思って話を聞いたら、駐車場に止めてた車に、ドアがぶつかった跡がついていたとのこと。
可哀想な新車。買ったばかりなのに。隣に止めていた車がドアをぶつけてそのまま逃走したらしい。
でもさ、これだけで済んでよかったよね。全然良かったよ。事故とかじゃないし。ほっとした。

と、思ったら、これだけじゃすまなかった。

それから数日後、仕事を終えて帰宅すると、うちの庭に母と車屋さんがいたのよ。
なに?と思って話を聞いたら、「木が降ってきた」と涙目の母。・・・え?
よくよく聞くと、車を止めていた駐車場かなにかのスペース内で、造園屋さんが大きな木を切っていたんだそうだ。車の中にいた母は別にそれを特に気にしてはいなかったのだが、急に車のボンネットにでかい木がバサーっと降ってきたそう。なにごと!?と思って外に出ると、造園屋さんのミスで、切った木が母の車に直撃したのであった。

あるのかこんなこと。

そのあと車屋さんに母の車を持って行ってもらった。
その日は夕飯を大壊天と食べに行くことにしていたのだが、うちに迎えにきてくれたときに「あれ?お母さんの車は?」とすぐに異変に気づいたので、ラーメン食べながらことの顛末を説明すると「木が降ってくるとかまずないわw」と爆笑された。ほんとだよ。まずねえよ。修理の見積もり出したら数十万だよ。これ払ってもらえんのかよ。ていうか新車なのに・・・。


なんかツイてないんだ今年のうちの家族は。こと車関係に限り。おかしいな~。なんなんだろうな。
お祓いするべき?と思ってたんだけど、ある人は「するべき。そういうのってなんかあるもん」と強く主張するけど、ある人は「はぁ?金の無駄。なんでそこでお祓いなの?」と、お祓いの意義を全否定。何事も個人の考えには極端な相違がありますね。まぁこの辺はあとは母の考えかな。

もうなにも起きませんように。


ブログ拍手レスです。
>冬の
本当ですよね。私も無傷だったのが奇跡だと思っています。というかなぜかすり傷ひとつもないのか逆に不思議です。不幸中の幸いだと思ってよりいっそう安全運転に気を配ってしっかりゴールド免許保持していきます!ありがとうございます!
スポンサーサイト
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
<<もしかして厄(BlogPet) | メイン | 水戸の日でした(BlogPet)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |