蕗と藁
- 2009/01/20(Tue) 23:11 -
昨日なんですけど、イラスト二枚更新しました。
あきさんのサイトが五周年なのでなんか書いてって言われて小説だと思ってなにがいいですかっつったらイラストって言われてそういうの言われるの久々ですごい嬉しかったので調子のってフライングで仕上げました。私の描くイラストに欲しいと言ってもらえる価値があるなんて!苦手でどうしようもないのがイラストで、イラストというか色を塗るのがすごい苦手中の苦手で、(つって今書きながら思ったけど私ペン入れも苦手だしトーンとか貼るのも苦手で嫌いで欝な気分のままそういうことやってるから、自分でペンを握って紙に最初の線を書き込んでるとき以外がすごく嫌いなんだと思う)なので私のイラストはなんの面白みもないと思っているので欲しいと言われるのがすごく嬉しいです。まじかよとか思う。そんでもう開き直るけど私はほんとは鎖とか血とか大好きなんですよ。中二ですよ。ああいう構図とか大好きなんだよ。あのまま刺してもいいと思うほどにそういうの好きで困るね。どうでもいいけど服の柄手書きなんですよ。なんか色塗ったら線潰れてすごいがっかりした。
そしたら今度は伊織も誕生日とか言ってて普通に物でもあげようかと思ってたらイラストがいいとか言うのでこれまたマジカヨと思いながら調子乗って描いたよ。バレンタインってお題もらったので一生懸命甘く!さわやかに!下書きしたときは洋平さんはもっと冷たい目をしていたのにそこががっかりです。屋上なので手すりあるはずなんだけどどこに入れればバランスいいのかわかんなくなったので書かなかった。落ちそう。



すごい関係ないんだけど私この前B型だろって断言されてちょっとびっくりした。私はA型なんですけど、Aだって言うと女の人は「ぽい!やっぱり!」っていうけど男の人は「うっそ見えないOだと思ってた」ってほとんどの人から言われるんですけど、この前初めて「Bでしょ」って言われて。しかも断言されていやいや私Aだよって言ったらハイハイとか言われて信じてもらえませんでした。いきなりBでしょって言われるのってやっぱりこう、アレ的な感じのことをニュアンスに含めてるんだよね?たぶん失礼なことを言われたんだと思ってそういうおまえは何型なんだって聞いたらやっぱりB型で、おまえBだろってことを平気な顔で言えるところがおまえのおまえたる所以だよと思った。でも私B型の同姓とはけっこう合うんです。

そういやようやく携帯の電池換えました。充電満タンでも15分通話すると充電切れるという事態に陥ってからは坂を転がるように電池のなくなりが早くなって、最終的には三分の通話、五、六回のメールのやりとりで充電が切れるというところまで消耗していたので、さすがに仕事でも少し携帯使ってるしこれはまずいと思って意を決して外出しました。(オタクは外出と言うたった二文字に拒絶反応を起こす)会社の人に電池パックってどれくらいすんですかね?っつったら五千くらいじゃないですか?って言われてだったら別に一回くらい変えてもいいかなとか思って。
そんでドコモショップ行ったら、二年以上使っているので無料です、と。なんと。杞憂だった。もっと早くくればよかった!と思った。そんで在庫なかったので自宅に郵送してもらって、取り替えました。すごい快適。昨日充電してない。通話二時間以上持つのね。恐ろしいわ。もっとアクティブにならなきゃいかんと思ったけど学習しないのが私のサガです。
だけど明日は久々の友達と会ってくるのだ。たぶん去年一年はあってないから一年半ぶり?…いや、父の葬儀のあとに一回会ったきりだから、二年以上だ。二年半くらいか。すごい楽しみ。小学校のときから一番仲良しでもー私あの子大好き。今二児の母親やってるんでそれなりに近くにいるんだけどなかなかお互いゆっくり時間とれなくてあんまり会えてないんだけど、もうそろそろ会わなきゃいかんとか思って明日会いにいく。ちなみにオタクとは間逆にいるような子だけど懐広いからいっつも私のマンガ楽しみにしててくれて私が未だに絵とか描いてるのはこの子が昔っからあゆちゃんの絵大好きっつっておくびれもなく褒めて褒めて褒めちぎってくれてたからだろうなぁと、十年以上経ってそういうこと思う。この子がいたから私はオタクもホモも隠さない人生を送れてきたんだと思う。いやホモって。
しかもスラダンとかよく知らないので当然洋平さんも知らないんだけどずっと洋花本ほしいって言われてて明日ようやく持ってく。なんかまるで私こんなに大きくなりましたと報告にでもいくみたいでちょっと照れている。だけど彼女に私の書いたものを見せなければ始まりも終わりもしないので(たぶんもう刷り込み)洋平さんしらねーだろうけどよろしく!今こんなんかいてるよ!とか言って渡してくるよ。そんで十年経っても描いてることかわんないねとか笑われてくるよ。
二十歳すぎてからあれですよ、なんか交友関係とかはっきりしてくるっていうか、私なんかは特に自分からマメに連絡とるような人間じゃないうえに良くも悪くも嘘がつけないのでけっこうばっさりきついこととかも言ってしまうんだけど、それでもこうして好きな人たちがたくさん周りにいるっていうのはすごく恵まれてることなんだなってよく思うようになった。いや昔から思ってるけどほんと友達は一生の宝だよ。しかもみんないい具合に連絡よこさないっていうか。マメにメールされるのけっこう苦手で(だからBとか言われるのかもしかして)たまに思い出したときに思い立ったように遊んで年月を感じさせないような関係でいられるのが一番好きです。三月にはまた三年とか四年ぶりくらいの友達のところ行くことにもなったのでそれも楽しみ。

なんか変なこといっぱい語りすぎました。もうやめます。
スポンサーサイト
更新(両方) | CM(0) | ▲ top
<<茎と石 | メイン | 真夜中の子供のように>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |