今日のブログは長いです。
- 2006/08/21(Mon) 01:48 -
こんばんは、晃歩美です。
うっかり二日も開けてしまいましたが、お元気にお過ごしでしょうか。

さて、その間の更新と言えば、まずは裏を表に引き上げました。と言いますのも今更裏にはコンテンツが二つしかないことに気付きまして。
本当に今更ですがR指定小説を表の小説コンテンツに置きました。相変わらずパスは必要なままです。
で、らくがきもイラストコンテンツに置きました。ちなみに二枚更新しております。題して「流川の夏・上下」です。悲惨ですが恒例です。

一昨日はネタもないのでブログはお休みしたんですが、昨日は書くつもりではいました。
なのになにをやっていたかというと、はいキタ、これこっからが今日のメインだから。テンション上げていくから。あのね、

絵チャットに夢中になりすぎてましたわはは!!!

いやいや、もう順序よくお話していこうね。ただでさえ私は余計な話が多いうえに長いからね。ていうかまさにこれが余計な一文だということに気付いた方がいいね。

あのね、今ちょっとした企画をハルカとやろうぜという話になっててね、その企画は晃のネタ待ちだったんですよ。で、そのネタがまず10本出たということで内容をハルカにメールしたの。
そしたら「ちょ、夜電話するわ!」と返信があったので、夜の10時頃から電話をしていまして。その電話で萌え!!萌えじゃ!!と語り合う。んで、その企画は別室を用意するので、それのバナー欲しくね?という展開に。

ハルカ「欲しい!どうやって作る?」
晃「イラストで普通でよくね?」
ハルカ「うん。バナー半分ハルカの絵で、半分晃の絵とかにする?」
晃「うーん、その辺はなんでもいいんだけど、あれだ、三人入れたいんだ。洋平さんと流川とハルカ」
ハルカ「・・・あは」
晃「じゃねえや!」
ハルカ「あははははははははは!!」
晃「花道!間違えた。ハルカかよ!!」
ハルカ「ちょ、あたしどんだけ参加したがり!!」
晃「笑いすぎ!バナーに洋平流川ハルカでならんでたら何企画だ!」
ハルカ「どんなだよ!いやいや、でも作りたいね!」
晃「なんか絵チャとかできたら今まさにこんなんどう?とかできるんだけどね」
ハルカ「絵チャ!したいんだけどさ、あれってどうなってんの?描いてる途中のとかも見れんの?」
晃「じゃない?線描けば入ってる人の画面にもそれが映るって感じでしょ?」
ハルカ「え、したい!したことないけど」
晃「私もないよ。でもしたいけどね」
ハルカ「待って私借りるわ絵チャのやつ。したい。しよう」
晃「うお、マジで。すんべ!!」

というわけで、電話をしながらハルカは絵チャを借りる。実は前から私がネット繋げたら絵チャしよーぜ!という話をしていたので、ついに来るべき日が来ましたという感じです。
そんでなんだこれどーなってんだと言いながらハルカが借りましたよという返信メールを私にも転送。やるべ!となって私もそのメールを開いたら、あれ、これ登録した本人用ですよね??と思われる内容が。
いいのか?と思いながら飛んでみたものの、晃は入れず、あれー?と電話で話しながらいたら本文に「登録してから一時間程度で使えるようになる」と堂々と書いてある。
「うおい、これつまりあと一時間しなきゃ使えねーってことじゃん?」ということで(説明はきちんと読みたまえおまえら)いったん電話を切りました。この時点で11時半くらいだったので、なんだかんだと一時間半はすでに電話をしていたことに。
晃はその間に風呂に入ってたりして、さあ一時間経ちました。もう入れるかな?とハルカからメールが来て晃はもう一度チャレンジ。
失敗。
「入れません」と電話をしたらばハルカ、「ちょ、晃javaないんじゃね?」と。

なんだそれは説明を要求すると言うとハルカ、それないと絵チャできないよと一言。ええええええ。待ってどうするの私はどうすればいいの。もともと入っている機能ならばこっちで設定しなければいけないということになるからそれは大問題。その手のことはとても苦手。つかまだネット繋げて四日とかですよ私。そしたらハルカは無料でおとせるから!と。
なのでよくわからんけど検索しておとしてみた。

絵チャ入室できるようになった!

もう二人で電話で「うお!入室なってる!」「こっちもなってる!」(当たり前である)「ちょ、すご!!」「すげえ!!」と感動。
チャットで会話すんべ!!となってまたも電話を切る。

アホなうちらは絵を描く画面に字を書いて会話を始める。・・・なぜだ!!(笑)
本来絵が描かれるはずの画面にどんどん書かれていく「楽しい!!」の文字。どんなだ。まだ字以外は書いていないのにとても楽しい。そのまましばらくお絵かきの画面で会話をする。(アホだろ)
ハルカ「水彩ペンってのがあるよ」と画面に書くので、その水彩ペンという文字の下を見てみたら、普通のペンを水彩ペンにする方法が書いてあったので晃は試してみる。
なった!と書くと、え!?ど・どーやんの!?とハルカが慌てる。いや!下に書いてある!と晃は内心ウケる。だって水彩ペン先に見つけたの姉さんだよ!見つけたそこに書いてあるよ!
笑いつつもようやく会話をチャットに移行。本来の使い方を試してみることに。

それじゃなんか適当に描いてみっか!と二人同時に描き始める。するとハルカが「ちょ、私なんでか描けない!!」と。え?と見ると画面上でハルカが必死にペンを動かしている。確かになにも描かれていない。線に名前を出す機能を設定してみていた晃の画面には、ハルカが必死にペンを動かしているのが丸見えだった。だけど待って。私気付いたよ。



・・・それ消しゴムじゃね??



そう言うとハルカのペンが見事に線を描きだした。・・・やはり消しゴムだった。

それ消すやつだから!線消えちゃうやつだから!!白いやつだから!!!もうほんと、なんでそんなに笑わせてくれんのかってくらい腹を抱えたよ。
そんでまずは何枚か普通に描いてて、楽しい楽しい!と騒ぐ。が、またもここで大問題。

保存の仕方がわからない。

右クリックじゃないのね。二人して必死になって探す。使い方には書いてなくて、ハルカも慌てる。すると突然ハルカが「晃さん」と連呼を始める。何事。何度も繰り返し呼ばれる晃。あ、はい。と返事をしたら単に間違って名前を連続クリックしていただけのハルカ。「ここ押すと名前呼ぶ」と使い方までも説明してくれた。
いや!今保存の仕方だよ!!保存方法探してるんだよ!そんな滅多に使わないような機能は今度でいいんだよ!!笑いすぎて腹が痛い。しかもハルカはこれでも必死だからなおウケる。
そんでハルカのテンパリがあわや最高潮かというときになって晃は質問集の中から保存方法を探し出せた。一安心である。

そして次にまず不健全な流花からいくかと会話して、新たに描き始めることに。だがハルカがまたテンパった。「どうしよう!またしても絵が描けない事件勃発!!」と。またか!と思って消しゴム!!と言うと今度は「さすがにそれはないぜ!!」とどこか誇らしげなハルカ。じゃあアレだ、


色の濃さがゼロになってんだ。


ハルカ本日三度目の「あ・・・」。もう爆笑だよ。もうやめて!!こんな夜中に一人で爆笑させないで!!そら描けねーよ!!必死に声を抑える晃。ほんとに腹を抱えて止まらない。
で、不健全流花で火のついたうちらはおかしくなった。●●ラ描きたいと言い出し、挿●●や顔●まで描きまくり、やばいやばいものすごいと叫ぶ。もはや会話が汚い。
気付いたら四時。朝の。だがハルカ、「まだいける!!」とやる気満々。ごめ、あたしだって止まらないよもう。
これ他の人とだったら恥ずかしくて絶対描けない!!と言いつつ描きまくる。そうして気付けば五時半でした。
朝日があああ!!と言い始めてようやく今日はこれまでにしようということになった。そんな絵チャット初体験でした。そして肝心のバナーのことはすっかり忘れていました。

久々にこんなに笑った気がする。たいしたことはしていない筈なのにすごく楽しかった。いや、ものすごくアレなものばっかり描いてはいたんですが。
絵チャログ、どうしようか迷ってるんですが、どうしようかな。あんまりアップできるやつないけど、まあこれくらいなら・・・程度のものもあるので(笑)どうしよう、アレ携帯から見れるのかな?一回ここに上げてみようかな?あ、ハルカがいいって言ったら。でもどうなんだろうね、あーゆうのってあんまり見たいとは思わないのかな。別に見なくてもいいかって感じなのかな。
まあもし一枚や二枚程度なら見たい気もするって方いらしたら。いらしたら試しにアップしてみます。

ぎゃ、なんか長くなった!(やはり)つかブログにどんだけ時間かかってんだ!
ではでは今日はこの辺で!
スポンサーサイト
| CM(0) | ▲ top
<<尚隆について語る | メイン | 数え切れぬ夜を越えて僕らは強く美しく>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |