スポンサーサイト
- --/--/--(--) --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | ▲ top
タイトル無し
- 2006/06/25(Sun) 01:56 -
小学生のときはわからなかった情景が、この歳になって言葉なくとも込められているものに哀愁を感じたりと、大人という生き物もなかなか忙しいですね。晃です。(なにこの流れ)

これ書くの久々だ。


じゃあこんなに長い前置き(だったのか)のあとにさっそくバトン!田村さんから頂きました!

「洋花もしくは水戸洋平」バトン

※回してくれた人からの指定を「」の中にいれて答えること、また回す人に指定すること。

・最近の「水戸洋平」。
なんかね、いろんな洋平さんを許容できるようになったら逆に書けなくなってきた!肥大して小説まで書けなくなってきた。

・好きな「洋花」。
やっぱり花が洋平さんにベタ惚れで、それを葛藤しつつも花のなんでもかんでもを許してあげたい気持ちの方が先にくるから、好きになる前に受け入れてやりたいっていう気持ちで受けとめてあげる洋平さんが好きだ。

・こんな「洋花もしくは水戸洋平」は嫌だ!
ないかもしれないまじで。あ、洋花前提の花が洋平さん以外を選ぶのはムリっぽい。

・もしこの世に「洋花」が居なかったら?
リバを認めることもなかった。サイトももう無くなってたと思う。だけど結局「もし」の話だから。

・次に回す人(指定付きで)
→ユッキー!「リョーちん」で!メールすんね!
→黒崎さん!「洋花」でお願いします!
→ゆりさん!「流川」でお願いします!
→ハルカ!「花道」で!確か花道ver.はやってなかったと思った。やってたらスルーで!


いや、忙しくはなかったんです全然。昨日は忙しかったんですが。ようやく実家に戻ってきました。また実家暮らしの日々です。できれば夏までなにもやりたくないとかなめたこと思ってる晃です。貯金よ我に力を!!(ねぇよ)
つか今寝てる部屋、物置と化した旧弟部屋なんですよ。この部屋が私の部屋になりそうなんです。マジカヨ。この部屋が片付くのはいつになることやら。
なんていうかね、みんなそれぞれに大変な人生を送っているんですね。踏張ったり諦めたり乗り越えたり投げ出したりして、笑えない苦労とか笑える強さとか結局別の人間には到底理解できないくらいの辛さと環境を味わっているんですよね。自分は恵まれているのだということを痛感します。友達関係で揉めたことがないというのは私はものすごく有り難いことだと思った。いや、影では知らないけど(笑)でも私の周りには他の人の悪口を言う人もいないので(私には言わないというだけでも)、そういうのも恵まれたなぁと改めて思ったりした。そういう環境を作ってこれたのは多少なりとも自分であるという気持ちも持たなければいけないとも思うし、かといってそればかりを全面に押し出していいなどということも当然無い上に度を越えない程度の謙虚さもとっても大事なんですよね。まぁこんなことはいつだってとりとめもないことなんでやめましょ。
それから私は一人東京で暮らしていたのでなにも言える立場ではないから今は誰にも否定も肯定もせずにいるけどね、ここ最近の親戚関係にはうんざりですよ身内も含めて。理解しろってことじゃないんじゃないのかしら。手伝えとか連絡とか話し方とか態度とか。よけーなことはいらねんだYO!許すということだけですべて事態はまるく納まるんですけど!!環境が整ったら晃ミサイルだって発射しますよ。狙い撃ちですよ。世界一の男だけこの手に触れてもかまわないとのたまってやりますよ。(ネタが古い)
荷物まだ届いてないので、私は当たり前のように弟の服を勝手に漁って着ているんですけどね、今日夕飯前にその格好で弟と話してて。「お姉ちゃん、服とかはちゃんとこっちに送ったの?」「当たり前じゃん。26に届く」「そうか。そりゃそうですよね」「あ。なんだおまえ。なにが言いたいんだ?この服についていいたいのか?見たことがあるとしたらそれはデジャヴュだよ」「だから今デジャヴュかな?って言おうとしてやめたんじゃん」「あそう。あんたの気のせいだろうしね」「…そう。激しく見たことがある服なのはきっと俺の気のせい…」
可哀相な弟なのも気のせいだと言わせてくれ弟よ。
スポンサーサイト
| CM(0) | ▲ top
<<初物ってのは東を向いて笑って食べるらしいけど実際やったことはない。 | メイン | 許し合って愛し合ってあとで泣いた二人熱い出来事>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。