スポンサーサイト
- --/--/--(--) --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | ▲ top
黙ってられない
- 2013/10/08(Tue) 19:47 -
なんていうの、こういうジャンルってけっこうみんな黙って黙々とやってるじゃないですか。ていうか基本秘密にするのが前提じゃないですか。ともすると友達にも黙ってたりするじゃないですか。なんかそれがすげーよなって思う。

いや別に嫌味でもなんでもなく。なんかこう、秘密を秘密のままにしておくのがすごいよなって思うんだよ。私は秘密を作れない。黙ってられない。もう根本的に人間的な欠陥の問題なんじゃないかっつーくらい自分の秘密を保有できない。これってなんか修行的なものでもすればどうにかなるものなの?


自分のまわりにオタクな友達何人かいるけど、いや三分の一くらいそっちの傾向だけど(基本的に私は友達が多くない)女友達は特にいわゆる隠れオタなんだよね。
私は聞かれれば特に隠すこともなく自分からオタクだよ!というけど、私が発信しないと向こうからのレスポンスがない。隠れオタの女友達は私にすら黙っている。
晃「私これすごいいいなーと思って。最近見たんだけどさ」
友達「えっ、私も好きだよ。すごいいいよね。あれがあーでこーでああなってそんで」
晃「え、詳しいなおい。まじですきなの?」
友達「そうだよ。三年前くらいからすきだよ。私は○○×○○だけど」
晃「うおいガチじゃんかよ!なに黙ってんだ!しかも三年!?なんで黙ってんのそんなにすきなのに!」
みたいな。なんかこんな感じで。毎回。

いやこれは私がオタクのくせにアニメもゲームも知らないからなのかもしれないけど…。


ちょっと前にね、突然マンガに目覚めた後輩がいるんですよ。高校のときの後輩なんですけど。すげー久々にうちに遊びにきたんですよ。
後輩「あのー、私マンガにはまってしまって。そんで歩美さんなら笑わないで聞いてくれるんじゃないかと思って…。私マンガ描いてみたいんです」
晃「笑わないよ。笑わないけど…あれー?私マンガ描いてるって言ったことあったっけ?」
後輩「ないです」
晃「だよね?マンガ描きたいから私に相談ってどっからきたの?」
後輩「いや、頼ればなんとかしてくれるんじゃないかと思って」
晃「なんともなんねーよ。でもよかったね、私マンガ描いてるよ」
後輩「ほんとですかー!!よかった!あの、よかったら生原稿とか見せてください!」
晃「いいけど、私BLばっかだよ」
後輩「BL?」
晃「男同士ばっかだよ。そればっかしかここ数年描いてないよ」
後輩「あっ、もしかして同人誌っていうやつですか?それって男同士のマンガなんですよね?」
晃「ど、え?いや違うっていうか違わないっていうか…いや同人もやってるよ。やってるけど…いやまぁいいや。あんまヒトに言うなよ」
確かに同人知らなかったらこの程度の知識しかないわな。

そんで友達に「後輩が急にマンガに目覚めて私の原稿を見に来た」って話したら「えっ?最近でちゃんと原稿に書いたものって洋花とかしかないんじゃないの?それ見せたの?」と驚かれた。だってそれしかないんだもん。別に今更自分の書いたもの見られて恥ずかしいとか特にないし。(それ以前に内容の問題)


この前も別の友達にマンガ貸したときに「ねー自分で書いたりしないの?」と聞かれたので「え?描いてるよ?男同士ばっかだけど」と言っておいた。そんで好きな友達の好きなことを教えてもらえるのって嬉しいと言って完全に興味を示してました。そうなんだよね。私が反対の立場だったら友達の好きなことって知りたい。なので私は仲良くなった友達には腐女子を隠せない。


実はこの前一緒に旅行にいった親友と今時を同じくしてちょっと同じジャンルに目覚めてしまって(そこはあんまり腐目線ないんですけど)(それの二次創作とかはしないんですけど)そのジャンルがファンクラブとかあったので一緒に入ってしまったぐらい今マイブームなんですけど、その親友と同じタイミングで同じものをすきになることが今まで一回もなくてですね、今回初めて同じ上昇気流(自分たちだけ)(ジャンル的には全盛期終わった)に乗っててすげー二人で盛り上がってんですよ。
やっべーな人生に潤いって大事だな!とか言いながら毎週末のように遊んで一緒に騒いでるんです。で、黙ってられないので(特に腐的な活動とかもしてないし、純粋なファンとして)結構職場で「今これマイブームなんですよ!」とか言ってるんだなこれが。友達は完全みんなに秘密にしてます。
晃「え?言わないの?私昼休みとかけっこう職場のみんなと話してるから超言ってるよ」
友達「言わないよ。言うわけないじゃん」
晃「まじで?ファンクラブの会員証とか来たときみんなに「じゃーん!」っつって見せちゃった」
友達「すごすぎるwwwwwwそれどんな反応なの?」
晃「“おお~!!”っつって。拍手です」
友達「私にその勇気はないww」
晃「あ、ごめん、友達がこの前うちに遊びに来たんだけど私と○○(友達の名前)は今これマイブーム!ってめっちゃ話題にした」
友達「いや別にいいけどw自分から言わないだけで。今回は別に特にやましいこともしてないし!」
晃「そこなんだよ!だから言いやすいんだよ。だってもしかしたら誰かなんか情報とか見てくれるかもしんないじゃん」
友達「あ、なるほどね!」
晃「私情報収集とか基本しないからさぁ。すきなんだって言っておけば誰か気にしてそのジャンル見てくれることがあったりするかも」
友達「そうかもね。いやでも私には公言する勇気はないw」

性格の違いなんだろうな。
まぁでも楽しいんです。まさかこの歳になってようやく同じジャンルにはまれるとは思ってなかったのでやっぱり一緒に盛り上がるひといると楽しさ倍増するよね。
そんでゆりもけっこうそれが好きだってことが発覚したので今週末はゆりと合宿してきます。思う存分語ろうスペシャル。楽しみすぎてつらい平日ですがあと三日間の辛抱です!
スポンサーサイト
| CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。