三月も下旬です
- 2013/03/25(Mon) 21:18 -
どうも。こんばんは。
うちを徘徊していた雉なんですけど、ある日ついに弟と遭遇したみたいです。弟が会社に出勤するために玄関を開けたら思いっきりゴン!ってぶつかったみたいで、それに懲りたのかそれ以来姿を現さなくなりました。
つーかそんな朝早くから玄関いんなよ。
いなくなればいなくなったで寂しい気がしなくもないですが、でももうやっぱりこちらもこりごりなのでこのまま大人しくしていてもらいたいものです。ちなみに雉はメスでした。


昨日ようやくまえからやらねばと思って四年くらい放置していたことを達成しました。(ほんと私の行動力って数年単位なんだな)
いろんなところの入場券とかチケットとかパンフレットとか、そういうのをなんとなくそのまま捨てるのも気がひけてビニール袋にごそっとまとめて入れてたんですけど、それがたまりすぎて見かねたので何年も前からスクラップブックみたいなの買ってきてまとめよう…と思って数年が経過しました。昨日ようやく買ってきてまとめました。
ここ何年か分だけだけどなんかいろんなとこ行ってんなぁ~と感心しました。このまま日本全国を回りたい。というかお金さえあれば私は一生旅をしていたい。同じ場所にとどまるのがちょっと苦手。
まぁそれはさておき、今年の夏は東北一周旅行を計画中です。車で。ぐるっと。そのために有給がいくら使えるのかもう今からハラハラしてます。5月辺りまでにはめどをたてなければ。青森と秋田には二泊はしたいところです。というより車で行くので車の点検をもう少し詳細にできるようにしておかなければいけません。はっはっは。問題ない。
そしてこういうことをしているうちは一生ゲームとか完成しないような気がしてきた。(水戸の日があったのでご無沙汰していた)


では以下ブログ拍手レスです。
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
困ってます
- 2013/03/17(Sun) 18:24 -
最初はちょっとサイトのお話で。
ちょっと、ようやくオフラインページ作りました。ようやく。
考えてみたら2008年に洋平オンリに合わせて洋花本作ったあとサイトでそのうち通販ページ作りますとかのたまった結果が五年放置…信じられない。自分に信じられない。
もうとにかく作ってしまえばどうにかなると思ってようやく作りました。そして作ったしょっぱなから在庫少ってどういうことなんだ。ありえないよね。じゃあしなくていいじゃんと思いそうですがしないならしないで手に余るくらいの在庫なのでもういっそ誰かもらってくれという感じでちょっと開き直ってます。もしかしたら何年かに一人くらいは買ってくれるかもしれないからそしたら在庫もなくなるんじゃないかっていう。
まぁ2008年発行ですけど絵とか変わってません。ぶっちゃけ2009年辺りから忙しくなってるんで絵とかあまりかいてなかったので変化のしようがありません。その点は大丈夫だと思います。
そんでなんか通販とかその本しかしてこなかったくせにいたるところで描いた洋花原稿はそれなりにたまってきたので再録本とか作っちゃおうかな…とか考えてもいますけど三年前から考えてるのであと何年かかかりそうです。(もういい)



ところで件の困ってる話。
ちょっともうほんとに何をどうすればいいのかわからないので誰かに対処法を教えてもらいたいほど困ってます。
うまく説明できなさそうなので漫画にしました。
kiji1.jpg

kiji2.jpg

kiji3.jpg

kiji4.jpg

kiji5.jpg

どうすればいいんだこいつ。
更新(PC) | CM(0) | ▲ top
最終日です
- 2013/03/14(Thu) 21:25 -
水戸の日企画最終日です。
最後の日にようやくそれなりの長さのあるもの更新してきました。

これで今年の水戸の日企画も終わりです。
もし全部見てくれた方いらっしゃったらありがとうございました。
感想とか聞かせてもらえたら来年への活力にします。



関係ないですけどまた急に悟が可愛くなってきました。
ドライブも全然更新してないのでまたなんかマンガ描けたらいいなぁと思ってます。三ページだけあるんだけど。さすがにまだどう転ぶかわからないので流れに任せます。


つーかこう、毎回思うけど、一日ってほんっと短くて困る!仕事したらそれで終わりかい!
もっと時間が欲しい。でもこれから天気の良くなる季節が徐々に始まっていくのでまた家にいなくなるんだろうなぁ。
もっと疲れない仕事をするべきなのか悩みます。(さっき気づいたら寝てた)

とりあえず水戸はこれで!どうも!
更新(両方) | CM(0) | ▲ top
水戸企画4日目です
- 2013/03/13(Wed) 18:49 -
どうも。今日で4日目なので四本目更新してきました。
今日もまぁそこそこ短めな話ですが、今回は自分でも一箇所だけ萌えてる箇所があるんですけどたぶんバレバレです。
なので今回の企画はこれを目玉にしようとしたんですけど結果的には明日更新する方の分が長くなったので目玉といえば目玉です。明日の方が気合は入ってますけどでもこの話も個人的には悪くはないのでそれはそれでいいんですが、なにがいいってタイトルがすごいよかったのでこのタイトルをこんな短文につけるんじゃなかったとすごい後悔してます。なんかそれだけすごい後悔してます。
でも最初この話はイグニッション以外ないだろうと思ってつけたのでこの話はもう確かにイグニッションという話なんですけど、せっかくイグニッションという良いタイトルを思いついたのならもっと時間をかけて話を作りこむべきでした。タイトル負けしてます。それが本当に悔しいのですが、私小説を推敲するとか作り直すとか手直しするだとかそういったことが一切出来ません。出来が80のものを推敲して100にするだとか、そういった類が本当に心底苦手というか苦痛です。なのでしたことないですしするつもりもないです。今までもこれからも。
同じようにマンガに関しても出来ません。先に話を作ってからかき始めるということが全く出来ません。描きながらキャラが動くのを待つ。それしか出来ません。なので最初はぼんやりこんな感じにしようと思ってかき始めたマンガでも全く違う話になっていることが多いです。プロット?なにそれおいしいの?状態です。プロット作ったらもう私は一切のマンガを描けなくなります。そして小説にもそれが当てはまるのだとこのサイトを始めてから初めて知りました。
先に起承転結を考えたものを全く字にできなかったのです。無理やり書き始めても十中八九ムリでした。

たぶん、心底面倒くさがりなんじゃないかなと思うんです。
プロットを作った段階でもうそれは私の中で完成されたものなので同じものを字や絵に起こすのが面倒なんです。同じことを二回も三回もするのが嫌いなんだと思うんです。だからたぶんマンガのペン入れも必要以上に嫌うんだと思うんですよね。そして最終的にペンで一発描きしてしまえという結論に至る。
小説もです。マンガも小説も私は新しいもの(頭の中にぼんやりとはありんだけどまだ形になってないもの)をはっきりとした形(線や字のことね)にする作業が大好きなだけであって、新しくないもの(いわゆる二回目のもの)には全く興味がわかないというかもうなんていうか。初めて線や字にしたものが一番最高に楽しくて大好きなんですけどそれを書き直すだとか推敲するだとかが本気で苦痛で仕方ないです。

なんか今自分で書いてて思ったけど、今まで例えばマンガのコマの中の一部を少しだけ消してそこだけ書き直すということもほとんどしてこなかったなと思い至った。書き直すときは全部消して書き直してますね…。そんなに嫌いか。
ほとんど出来上がった小説も気に入らなくてなんとか形にしようと手直ししようとしたことはありますけど結果やっぱり全部廃棄してきました。手直しするくらいなら全然別の話を書いたほうがいい。そんなに嫌いか。

そうかだから私の文章は支離滅裂になってたり自分で予想しなかった展開とかになってるんだな。
そして私は極力ちゃんとしたマンガ(下絵してペン入れしてトーンを貼って、というマンガ)を書かないように避けているんですけどその中でもペン入れとトーンが一番嫌いなので今その理由が明確になった。そりゃ嫌いなはずですね。でもホワイトは好きなんです。髪とかに白いインクを筆ペンで入れたりするあれ。あの作業は好きなんですけど、そうかそれも下絵のときはしない作業だからなんだよねきっと。なんかわかった。

そんでデジタルで線画を描くのが大嫌いな理由がわかった。一発で描けないからだ。そうか。あーそうなのか。一発で描きたいならそりゃアナログの方がいいわけですよ。デジタルってそうだよね、一発勝負じゃなくても大丈夫!ってのが強みだもんね。そりゃ合わないはずですよ。
なんか今いろいろわかりました。まぁ総合すると極端な面倒くさがりというスタートに戻るわけです。
更新(両方) | CM(0) | ▲ top
ちょっとした話
- 2013/03/11(Mon) 21:59 -
前回の続き。
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
ちょっとした話
- 2013/03/11(Mon) 21:51 -
震災から今日で二年ですね。震災後うちは無事でしたという簡潔な報告だけで特に地元近辺の様子を語ってこなかったんですが、実は当時の状況を一人でレポートのようにまとめたものが残っているので二年経ったしいいかなと思ったのでちょっとその時の様子でも書いてみます。

私は宮城県に住んでいるんですけど、東日本大震災で宮城にいたとなるとよく他に住んでらっしゃる方からは大変だったでしょうと言われます。正直に言います。



全然たいしたことはなかったんですコレが。



いやほんとそれもあって心配して下さった方には逆に心苦しかったところもあります。宮城で一番なんともなかったんじゃね?ってぐらい私の住んでる辺りはなんともなかったです。サイトでもメールやコメントで大丈夫ですかと心配して下さった方もいらっしゃったので大丈夫ですなんともないですとは言ったものの、もしかして大丈夫じゃないのに大丈夫って言っているように見えるかしらと思わないでもなかったんですが、本当に大丈夫だったんです。逆にこんなになんともなくて申し訳ない気持ちでいっぱいだったのが正直なところです。ほんとなんか無事過ぎてどうしたもんかと。


まぁとにかくレポートもあることだしまとめてみます。
ただ当時を思い出したくない人は見ないでください。あとおまえ超平和だったんじゃねーか!って怒りそうな人も勘弁してください。
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
今日メールくださった方へ!
- 2013/03/10(Sun) 21:59 -
今日のお昼頃メール下さった方、返信しましたがエラーで届かないようです。
パソコンのメールアドレスからお送りしてるのでその関係もあるのかな?とも思いますので、お手すきのときにでも再度ご連絡ください。

よろしくお願いします。
| CM(0) | ▲ top
水戸企画
- 2013/03/10(Sun) 19:33 -
どうも!水戸の日です!



夕べ水戸チャットを開催しました。ちょろっと顔を出してくださった方も、長時間お話して下さった方もありがとうございました!いやほんとに誰も来ないのではと思っていただけに覗きに来て下さった方々には頭があがりません。もうずっと洋平さんと洋花ばっかり連呼しててテンションのうざさに自分でも冷静になるとびっくりですが楽しかったです。ほんと楽しかったです。時間合ったら来年もしたいなと思ってます。(一年ってあっという間だよね~)

それと水戸の日企画も始動しました。
あんだけやるよ!と豪語していたわりには短めな小説五本という結果ですけどやることに意味がある!と自分を納得させてます。
今年は画像もふんだんに使ってみたので、携帯ページの方はまるっと小説だけですが、パソコンの方にはトップからすでに洋平さんを前面に押し出した背景とか書いてみました。さすがに小説の背景画像にイラストはキツいよなと思ったのでそっちは普通ですけど。
各小説にそれぞれおまけらくがきとか全部つけてるので、NOVELっていう方は普通の小説出てきますけど、NOTEっていうリンクの方はおまけ的なまんがとからくがきとかいっぱい出てきます。
そういうのをデジタルでちゃっと描ければ独り言のようならくがきの中の文字も写植できれいに済ませられたんでしょうけど、いかんせんアナログな人間なので紙にペンでがーっとらくがきしたものにいちいち独り言そのまま書き入れてそれをスキャンしただけになってますので読みにくいことこの上ないです。でもああいうのって楽しいんだよねぇ!!

相変わらず自分が楽しみたいだけの企画ですが、今日から五日間お付き合いくださると幸いです。
さっそく見たよ!と声かけてくださった方もありがとうございます。そういう声かけていただけると本当にやってよかったなぁって思います。


関係ないけですけど再来年の水戸の日10周年に先駆けてまじで310本書いてやろうかと思ってすでに5本書きましたけど先に言っておきます。ムリですね。310本とか完全にムリでしたね。(当たり前だ)いや内心6%くらいは出来んじゃね?って思ってたんですけど無理でした。普通にまたなんかたくらんで終わりにしておきます。


ま、とりあえず水戸の日ということで!!洋平さんを書くことだけに全力投球している晃ですけどこのままひた走ります!!
更新(両方) | CM(0) | ▲ top
コンビニ
- 2013/03/07(Thu) 18:21 -
すげーどうでもいいことを思った。



湘北ってコンビニに例えるとなんなんだろう…?となぜか思った。
コンビニと言えばセブンイレブンとローソンとファミマが三強なんだよね?だったら海南はイレブンだよね。
翔陽と陵南がローソンかファミマなら個人的に陵南をローソンにしたい。個人的に。
湘北ってなんだろう。あとはampmとかミニストップとか…いや。そういう感じじゃない。(どんな感じ)
ヤマザキだよ。デイリーヤマザキ。湘北ってヤマザキじゃん。
しかも花道流川の入った湘北はパン工場が隣接してるヤマザキですよ。ハンパないっすよ。
すんげーしっくりきた。きっと最初はパン工場なかったんだよ。でも地元に愛されて細々とやってたんだね。
けど辺りにイレブンとかローソンとかファミマとか出来ちゃってどんどん住民の足は遠のいちゃってまじやべえどうする?ってぐらいに圧迫されちゃってて。しかも道路挟んで向かいとかにライバル店舗できちゃうの。くっそあいつらあてつけか!的な。店長あっちのコンビニ24時間営業するみたいですよ!ば、ばかな!?みたいな。
けどヤマザキは24時間営業に踏み切らなかった。無駄な人件費を増やすより自分たちの道を信じて突き進む。右にならえはしたくない。
そうだ、パンだ。パンがある。俺たちにはパンがあるじゃないか。
そして工場を建てるんですね。出来立てのパンが並ぶわけです。
最初はイレブンやファミマに足繁く通っていた住民もいました。だってパンでしょ?パンだけ強化したって、ねぇ?という雰囲気。でもいい。一度でいいから食べてもらえれば俺たちの強さがわかる。そう信じてパンを作り続けるヤマザキ=湘北。ブレない店長赤木。焼き加減のわかる宮城。ナンバーワンルーキー流川の入社であわや最年少でライン長になってしまうか!?的なドラマを描くパン工場。そして花道の登場。こ、こいつあっという間にパン生地をこねていく…!!経理と総務をかねていた木暮がびっくりするほど突然入社した花道の上達は早かった。見てくれよ赤木、桜木が入ってから生産が上がってるんだよ…!とメガネをくもらせてしまう。そして一度はヤマザキを見限ってサンクスへ流れた三井も戻ってくる。彼の心からの謝罪に愛想なく応えつつも赤木は三井にチーフのポストを与えてヤマザキのゴールデンメンバーが揃った。
そして近隣の住民たちは思うわけです。ヤマザキの辺りめっちゃいい匂いしね?めっちゃうまそうじゃね?とね。
そしてためしにできたてのパンを買った高校生が駐車場でさっそく一口かじって、うめええええ超絶うめええええパンうめえええ!!とかその素直な感性のままに叫ぶわけです。そうするとあっという間にクチコミで広がるわけです。そしてヤマザキの黄金時代が幕を開ける―――。



と、どうでもいいことを髪を洗いながら夕べ思ってました。
いや別にコンビニ勤務としてメンバーを登場させなくてもいいんだけどさ。パン工場のあるヤマザキが一番しっくりきたんです。サンクスともちょっと迷った。
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
| メイン |