続・水戸チャット
- 2013/02/25(Mon) 18:17 -
水戸チャットやります。あとでチャット借りてくるので、当日にトップから入れるようにします。
もし3/9お暇な方いたらぜひ私と洋平さんについて延々とお話してください。よろしくお願いします。
以下ブログ拍手レスです。
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
水戸チャット
- 2013/02/21(Thu) 20:16 -
あのー、水戸の日今年日曜なんで、前日の土曜日に水戸チャットとかしませんか。


いやまだ本決まりじゃないんだけど、今また洋花熱再発してるし誰かお話しませんかと思って。
もししてやってもいーぜっていう優しい人いたらチャット借りてくるかな~と思ってるんだけど。
どうでしょうか。


でも土曜だからみんな予定いれるよね~。
なので誰もいないよってときはこの話はお流れですけど笑

3月9日の夜ひまだよって方いたらちょろっと声かけてください。とりあえずそれまでに話してもいーよって方いたらサイトからチャット繋げる様にしますけど、もしあんま人いなければ適当にスカイプで身内で盛り上がって終わりとかにしときます。


よかったらよろしくです。
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
再来年の話
- 2013/02/20(Wed) 21:03 -
今年の水戸企画やるって言ったじゃないですか。やるんですよ確かに。で、もう出来上がってあとは繋げるだけなんですけど。


でね、ようやくなんか久々に小説書けたんですよね。

実は言いたくないけどずっと書けなかったんですよねここ数年。
2009年の水戸企画に全力投球したせいなのかよく自分でも原因わかってないんですけど全然書けなかったんですよお話が。マンガはまぁ普通に。マンガはね、画力とかは描けば描くだけ上がるけど降ってくる降ってこないの話はまた別で、そう、小説もマンガも確かになんも降ってこなかったんですもうここしばらく。


マンガはもう付き合い長いので置いといて、小説はね、ほんと小説はしんどいと思った。
マンガは私の場合ただ頭の中にすでに完成してるものを紙に写すかキャラが勝手に動いてくれるかのどっちかなので深く考えたこともなければ真面目に書いたこともほとんど数えるくらいしかないしなんかもう生活の一部なのでこれはどうにでもなるんですけど、小説はねぇ。昔から書いてるとかじゃないのでね。


最初はネタが降ってこないなぁと思いながら書かずにいたんだけど、そのうちどんどんどうやって小説書くんだっけ、今までどうしてたんだっけ、っていうかこのサイトの小説はまじで私が書いたの?まじで?とか思うぐらいほんとかけなくなってしまってどうしたらいいのかわからなくなってました。考えて書けば書くほどなんか全然面白くないと思えてきて、こうなるとドツボだよね。
考えたくないけどスランプ?とか思ってその事実にフタをしてました。くさいものにはふた。スランプとかばかばかしい。そんな単語を使えるほどまともなもんを書いてたってのか。とか思いながらネタがないだけ、ネタがなくて妄想はかどらないだけ。って思ってました。

しかも実はこれだけやっておきながらアレですけど、基本的に私二次創作しないんですよ。
いやもちろん嫌いじゃないよ。ただ自分でかくならオリジナルの方が好きってだけで。
なので友達にもよく私のサイトとか見たあとに「メインが二次創作でびっくりした。しかもマンガじゃなくて小説多いのがほんとにびっくりした」といわれるんですけど。そういわれると私がどれほど洋平さんに転んでしまったのかがわかる。(このサイトは洋平さんのためのサイトです)



なのでどんどん深みにはまってたわけです。私はどうしてマンガじゃなく小説書いてたんだ?なんで二次創作なんだ?とか思って。もうオリジナル一本のサイトにするかとも思ったんです。こっそりと。


でもまだ洋花やりたいわけです。そこで伊織との洋花企画サイト案です。なんかしたいよね、なんかなにかをどーにかしたいよねって言ってて出来上がりました。が、やっぱ小説はムリでした。

とか思ってたらそのうち自作ゲームのシナリオをめちゃくちゃやっててですね、そのシナリオが思ってた以上に小説のようには書いちゃいけないことがわかって四苦八苦してるうちに「あ、今私は小説を書きたい」と数年ぶりに思った。あのシナリオ書いてるときの物足りなさ。

ほんでこのタイミングを見計らったかのようにめろんからスラ本もらってひっさびさに身近でスラ萌えしてる人の熱にあてられて私の中の熱も一気に上昇したんです。もう一気に。



そんで日付見たら天下の水戸の日が近いじゃないか!やるしかないじゃないか!で、でも小説かけたらね…と思って書き始めたら二日で三本くらい書けたので水戸企画やろうと決行したわけです。


で、実はリハビリもかねた水戸企画なので最初のうちはちょっと違和感あるような小説になってるかもしれないんですけどそこは大目に見てもらって。(私こういう企画小説とかアップする順番は単純に書いた順なんです)
そんで後半になればなるほど一本の話も長くなってきて、おや?私のってきてるんじゃない?と思うようになった。というか完全にのってきてる。また洋花熱再発した。今洋花が熱い。


そんで今回の水戸企画は準備終わったので来年に向けて(早い)なんかもう準備しとこうかなとか思ってたんだけど、考えて見たら再来年で洋平さんに転んで十年なんですよ。節目なんですよ。なので自分の十周年という記念すべき2015年の水戸企画に全力投球するべき?とか今思ってる。今からなにかやっとけばおおがかりな企画ができそうじゃない?とりあえずノリにノレば50音を埋めれるほど小話かけることが過去の水戸企画で実証されているので(よくやったよほんと)これ前に冗談で言ってた水戸みちなんで310本の小話いけるんじゃね?とか思った。
あと無料配布本もまた作りたい。でもこれ同時進行できる気がしない。というか310はあくまで夢の数字なんだけどさ。


ちらっとさっき思いついて今言ってみただけです。挑戦だけしててみます。とりあえず今年の水戸に向けて頑張ります。(いやもうやることはないけど)
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
間に合うよ
- 2013/02/18(Mon) 19:52 -
水戸企画もう大丈夫です。完成しました。早い!自分でも驚くほど早い!あとは携帯用のページ作るだけです。さすがに間に合うでしょうね!



ところで週末久々にろくでなしBLUES読んでました。うちのマンガ本部屋(というマンガ本専用の部屋があるんです)(それも亡き父の所有していた本だけの部屋なんですが)(その部屋だけで数千冊あるんですよ)は震災のときにバラバラになって以降誰も整理してません。本棚に本を入れただけ。私前に一日かけて整理したんですけど一日かかって本宮ひろ志作品の半分しか揃えられなくてそれ以来いやになってしてません。でもこの前弟がうしおととら読んでてすげーな全部見つかったの?っつったら三時間かかったと言ってて笑いました。そんでその話の流れからろくブルの話になってあれはよかったあのマンガはよかったよねみたいな話をしてて、私うしおととらも好きだけどろくブルの方が好きだよって言ったら驚かれました。それマジで好きなんじゃん!って言われたけどだからマジで好きなんだって。
そうやってろくブルの話してたらやっぱ読みたくなって耐えられなくてマンガ本部屋に探しにいきました。なんと!一時間で見つけた!!でも23巻だけがどーしても見つからない!!23巻ってなにやってたんだっけ。私の記憶が間違っていなければ18とか19巻辺りで薬師寺編だったはずなんです。ということは次は葛西編なんですけどやっくんの巻よりもう少し間あけたと思うんだ。間違っても四天王編のおいしいところが抜けてるなんてことはありませんように…と思ってたらほんとにやっくん編がその辺りの巻数で、23巻はボクシング部の話だった!まぁいいや!23巻は諦めた!

今週末はずっと読んでました。飲みに行こうって言われたんですけどそのとき読み始めたばっかで飲み会までに読み終わるかわかんなかったので当日また返事しますっつって保留にしてたんだけど結局読み終わらなくて「用事が終わりませんすいません」とか返事したんだけどまさかろくブル久々に読み返してて途中でやめられません!とは言えなかったね!用事ってろくブルですよ。深くツッコまれませんように!!って祈ってました。


で。再読したんですよ、ろくでなしBLUES。
一応あらすじというかどんなお話なのかというと、主人公の前田太尊の夢はボクシングで世界制覇。でも高校生なので喧嘩とか恋とかに明け暮れる毎日。その前田を軸に喧嘩・不良・学園・ボクシングとかいろいろ混ぜてかき上げた前田の高校三年間。全部で42巻です。

でね、私これ初めて読んだの高校生ぐらいのときで。その頃もうすでろくブルは終わっててルーキーズが始まってたかなぁ?ジャンプは当時読んでたんですけどろくブルは途中からの記憶しかなくて登場人物もすごい出てくるしよく話もわかんなくて(たぶんすでに終盤っぽかった)飛ばし飛ばし読んでたのだ。なのでちゃんと最初から読んだのは高校生の頃だったかな。そんでおんもしれー!!って思った。なのでルーキーズも読んだ。でもルーキーズは正直言うとそんなに面白いとは思わなかった。私の中でろくブルの方が十倍は面白いです。(すまんべしゃりは数話でくじけた)

で、最初読んだときは主人公の前田太尊すごい好きで、ほんと主役!って感じのキャラでほんとに大好きで、そのあともうちょっと大人になってから読んだときは驚くほど前田太尊に惹かれなかった。自分でびっくりした。それ以降太尊に惹かれることはなかった。二回目以降読んだときは普通にマーシーとかヒロトとか誠二好きだったし、あとずっと好きだったのは米示ね。原田もわりと好きだった。あと微妙に惹かれていたのが八尋。なんであのポジションでいきなりイケメン設定なの。(イヤ別にモテてる描写はないが)ろくブルは定期的に見返しているのでけっこう語れます。あと最初前田と一緒に薬師寺(やっくん)も好きでした。二回目以降前田熱が引いてからはいろんなキャラにスポットあてて描いてくれる作品なのでいろいろ楽しめたし、最初読んだときは喧嘩の場面が好きだったけど二回目以降はギャグとか日常とか小兵二とかの出てくる回とかボクシングも楽しんで読んでました。


で、今回久々に読んで。

いやこれ普通に前田太尊が一番格好良いだろ。



なんなんだ!?今までの私はどうかしてたのか!?なぜ最初からこの事実に気づいていたのに二回目以降はこんな感想を持たなかったんだ!?
もうびっくりした。前田がここまで格好良いと自分で思うと思っていなかった。でもやっぱり前田太尊が一番だった。


マーシーとか原田とか作品の中でもイケメン設定なんですけど、確かにかっこいいんですけど、でもやっぱ前田に劣る。ヒロトとか八尋は今回全く目に入ってこなかった前田無双ぶり。(なにこれJドリームのときとデジャブってる)もうずっと前田のターン。

太尊いいよ太尊。たぶん、昔太尊に惹かれなかった頃って、たぶん私は理不尽なキャラとかワガママなキャラとかそういうキャラが苦手だったころなんじゃないのかな。(という建前的な自己分析)太尊はツレの勝嗣いわく「頭の悪いツレだ。しかも理不尽で単純で騒々しくてかなり頭の悪いツレだ」という人物。でも男気はある。喧嘩強いけど誇示しない。仲間やられたら黙っちゃいない。前田と知らずに喧嘩売ってきたやつからは買わない。でも理不尽なことで怒ったりする。女子の制服がセーラーからブレザーに変わってマジ切れしたりしてた。
前田太尊のすごく好きなところは、なんかたまにすごい大人びたこと言うんですよこのキャラ。高校生ですよ高校生。しかも周り血気盛んな不良軍団で。なのに一人冷静でわざわざ喧嘩売るなとか恥ずかしい真似すんなとかそーいうくだらねえことすんなとか、なんかたまに達観してるんだよね。自分がやられたら怒るくせに!と内心ツッコんだりもするけどそういう時の前田が格好良いと思う。自分がやられるまでは冷静なのすごく。自分に降りかかってきたらそっこーで振り払うキャラなんだけどね。(そして周りが止める)
そんで下ネタとか話題にできない。周りが風俗いくぜとかセックスがどうのって話をしてるときに一人で真っ赤になってのぼせている。やめろ!そんな純情読者の心をつかむだけだからやめろ!
あ、言っておくと私ろくブルは絶対ヤオイとかそういう目で見ません!絶対見ないし見たくないので!むりむり!!ろくブルに関してはそっち系勘弁してください!

あとやっぱりろくブルのなにがいいって喧嘩がいいね。なんか思ったのが、前田太尊をすごく好きだと喧嘩の話もすごく楽しくなる。そりゃ前田ばっかだからね。前田に惹かれなきゃ喧嘩の場面の楽しさも半減だよね。
前田の高校は吉祥寺を舞台にしてるんですけど、東京の四天王っていうのがいつからか下の学年とかでよく噂されてて、吉祥寺の前田と浅草の薬師寺と渋谷の鬼塚と池袋の葛西っていうのが四天王として挙げられてて、のちにそのみんなとも戦うんですけど。それも見ててすごい楽しかった。
最初に戦ったのが渋谷の鬼塚なんだけど、こいつ最初すげーやなヤツで。誠二が鬼塚にやられたときに「前田さんは究極の愛の戦士なんだよ!」と叫んで抵抗している。誠二がこんとき便所で鬼塚に鼻折られてそのあと手洗い場でよくある水責め的なことされるんですけど、そんとき途中から洗面台をぐっと握ってめっちゃ耐えててそこで誠二かっこいいやん…と思った。でも鬼塚は前田にやられてから改心しててすごいいいやつになってた。あれ格好良い…とかすかに思った。
やっくんは四天王の中で一番簡単に決着ついたのでザコ扱いですけど個人的には好きです。ていうかやっくんはいいヤツなので敵としてのインパクトはなかった。ただこういういいやつ同士が戦うとなればやっぱ他の要素で火をつけるしかないよなと思った。
最後に池袋の葛西と戦うんですけど、葛西もちゃんと悪役で、でも葛西の強さって言うのはなんかこう、見てて絶望感を感じた。これムリじゃね?と。だって強いんだよ。なんなんだよってぐらい強いんだよ。葛西も鬼塚と薬師寺倒して最後に前田んとこきたけどそのとき前田負けちゃうのね。あの絶望感ったらないね。いやいや立ち上がるでしょ?前田不屈の闘志で立ち上がるんでしょ?と見ててハラハラする。立ち上がれなかったけど。

その四天王のあとに前田が大阪の高校の川島ってやつともめるんだけど(太尊は大阪出身なのでその絡みで大阪が出てくる)その川島っていうのもまたなんていうか個人的には私の中でラスボス。ほんで昔は川島にはなんの感想もなかったけど、川島が最後の最後に(自分の学校の)みんなに「悪かった。許してくれ」って言ってるところみていいやつじゃん!!と思った。川島いいやつじゃん!
ていうかその川島とやりあうときに四天王みんな揃うんだよ。もちろん葛西もだよ。あの葛西が仲間に加わったときの安心感ったらないね。ていうか私葛西はずっと嫌いだったんだけど今回読み返したら普通によかったです。葛西もいいなと思った。葛西が暴走してたころ親友にお前は戦ってねーと不安で怖いんだよって痛いとこ突かれてそれを思い出しながらサンシャイン水族館で回遊魚みながら「うるせェ…」って呟いてたところが好きです。葛西すきじゃなくてあんまりよく読みこまなかったけどあれは良いシーンでしたね。しかもその指摘してきた親友をボコったあとの場面というのがまた。

ところで前田太尊のすごく良いと思うところの一つにボディラインというのが含まれます。私なぜか太尊みたいなあの質感が好きです。あ、服着てるとき限定で。
ボクサー目指してるので服脱ぐと普通に筋肉とかちゃんと付いてるんだけど、私筋肉付いてる人あんますきじゃなくて(なぜか。これは本当に自分でも不思議なのだがなぜが筋肉に一ミリも惹かれない)でも太尊の半そで姿とかは理想に近いです。学ラン着てても十分ステキなんですけど半そでになるともうそりゃ敵なしです。やっぱ学ランには白Tだと思った。ほんと思った。それ以外認めちゃなんねーと思った。
あとすごくマニアックかもしれないんですけど、太尊のあの学ランの長さ、あれが最高なんですよ。あの長さなんだよ。あの長さが一番体のラインがきれいにでるんだよ。あと同点首位がセミラン。短ランと規定の長さのちょうど真ん中くらいの長さ。あれが一番いい。たぶん太尊はちょっと規定より長いです。尻が隠れない程度にはなってるけどちょっと普通よりは長めです。葛西とかが短ランに白T着てるんですけど、私は個人的には腰より下の学ランに大いに惹かれます。規定もけっこう。大いに結構。さすがに時代的なものもあって長ランは作品内にはいませんね。(湘南爆走族の頃はすげーいたな)

なんか時代的にもすごい急激な変化のあったころのマンガだったから、連載当初はリーゼントとか番長とかスケバンとかいた(のかもしんない)けど、連載終盤の頃はきっと時代にそぐわなくなってきてたんだろうなぁと思うとそこだけなんか可哀想になるなぁ。でも私は好きですけどねこういうの。ろくブルは等身大で描こうと努力してるところがいいよね。そんで背景やべえ。ガチやべえ。うますぎる。喧嘩のシーンであんなにわけわからなくならないっていうのがもう画力を表している。あんなにわかりやすい喧嘩マンガほかにあるのか?

やっぱ少年漫画の主人公はこうじゃなきゃね。ほんっと王道な主人公だと思う。究極の愛の戦士が理不尽で騒々しくてかなり頭の悪い喧嘩王ってどういうことだよ。うまいよほんと。私はああいう主人公ほんとに大好きです。ちゃんと努力してるし挫折して泣いて自分のプライドと仲間のために熱くなるっていうのがほんとにね。忘れちゃいけない気持ちを思い出させてくれるよね。


つーかなんか気づいたら書きすぎてた。びっくりした。
どうせ止まらないのでこの辺にしておきます。では!
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
マンガ更新
- 2013/02/13(Wed) 19:43 -
オリジナルに「今日のお兄ちゃん☆最終章」をアップしてきました。
9ページですけど実質17枚描いてるのでまぁ…いいよね…途中でも…。
途中です。続き描いたらまたアップします。

あと携帯ページの方にも(ようやく)水戸企画のバナーを貼ってきました。
これで逃げられないぞ、と。


ところで寒いですね。まじで寒いです。寒いの苦手なんです。
洋花パブリック2012のサイトの方でちょっとぼやきましたけど、一昨日急にこたつが壊れて死ぬかと思いました。
自分の部屋のこたつね。これは昔親戚のおじさんが使ってて、それを弟がもらって、私は親が夫婦暮らし時代から使用していたこたつを使っていたんですけど今の家に引っ越してきてからマージャンかなんかの都合で私の部屋のこたつ(裏がマージャンできるようになってるやつ。緑の。)と交換してくれって言われて弟が使ってたやつと交換して使ってたのでかれこれもう20年近く使ってるんじゃあ?っていう代物だったんですけど身なりはとても立派なこたつだったので特に不便もなかったしこたつを買い換えるという考えは念頭になかったんですけど。
一昨日の祝日に温泉行ってきて(貸切露天だったの!だがめっちゃ吹雪でガチで吹雪の中マッパになってそれはそれで死ぬかもしれんと思った)帰ってきてからこたつつけたあとにスキャンとかいろいろ作業してて、さてあとは卓上の作業ですよ、となった段階でコタツに足突っ込んだら冷たい。
え?温まってない?
線とか差込とか何回も確認して入れなおしたりとかしたんだけどだめでした。そんでそうかもう20年くらい使ってるのかと思って線だけ取り替えるとか修理とかやめて買いなおそうと思った。温泉で死ぬ思いしている場合ではなかった。

ネットで見たんだけど今65センチとか75センチとかで、私のやつはかってみたら80センチもあったのでちょっと大きかったらしいです。昔のやつって大きいのかな。65センチとかならまぁ値段もそこそこのものがあったけど現物みたほうがいいほかしらとか思って。ていうか今日買って明日必ず届くっていうんならいいけど日数かかるので私耐えれないと思うと思った。(アマゾンとかは次の日配達してくれるの?でもアマゾン使ってないんだなこれが。)
そんで昨日仕事帰りにニトリ行った。正直ニトリの家具は…と思ったけどしょうがない。安いんだもん。最初は5000円のヤツを狙っていったんだけどちょっとウッとなるくらい安っぽくてさすがにだめだった。と思ったらちょうど80センチのサイズのこたつがあってそれにした。

私作業机がL字の白いテーブルで(社長室にあるようなあれ。よく部屋においてるよね。神経が知れないよ)せっかく新しくこたつ買うならこれはもうしろしかないでしょ。と思ってたので白の80センチにしてきました。夏はこたつ布団なくなるので白が際立つしなんかちょっとオサレ?もしかしてさっとオサレ?パソコンも白にしたしね。

別に白にこだわりはないんですけど、部屋の壁紙は普通にしろなのでL字ディスク買うときに黒だとめっちゃ重たい雰囲気になるよと散々当時の彼氏に反対されて(黒が安かったんです)ちょっと奮発して白にしたのでじゃあパソコンも白だよねってそろえてみたので今更もうあとに引けない雰囲気になっている。でも椅子が黒だよ。これはいいのか?とりあえず今後も白で統一してみます。
更新(PC) | CM(0) | ▲ top
週刊今日のお兄ちゃん15
- 2013/02/11(Mon) 18:26 -
昔ブログで連載していたシリーズのまだ上げていないものが出てきたのでいまさらアップしてみる。


15.jpg


15-1.jpg


15-2.jpg


この二人、キリがないので最終章的なマンガを一本描いて終わりにしようとしてるんですけど、そのマンガも半分ぐらいで今何年も止まってるのでだんだん自分でも見れなくなってきてて、怖いのでもう半分でも今度アップします。そんで続きかけたらまたアップするって感じで。近いうちにできるかもです。
※古すぎてあらすじを説明すると、弟が一方的に兄に恋してるというだけの話です。



ところでさっき洋花パブリック2012の方にもマンガ一本更新してきました。よかったら見てください。
今日兄 | CM(0) | ▲ top
水戸の日やりますよ!
- 2013/02/05(Tue) 18:59 -
二月ジャン!!

まってくれこの前あけましておめええええとか言ってたのになんでもう二月!?ちょっとよく意味がわかりませんね!


で、前回やるって思い立った水戸企画は今回やれそうですほんとに。ちょっと4割くらいは前回の時点でどうだろう?と思ってましたけど(思ってたのか)できるね。小説何本かだけだけどね!なにもしないよりいいでしょ!ていうか今年休日じゃね!?水戸の日休日じゃね!?昔水戸の日に有給使ったことがある身としては嬉しい限り。

つーかなんかサイトがもう、コンテンツ多すぎんだよなぁと思ってる。すっきりさせたい。もう昔の小説とかさくっと消してもいいんじゃないかとも思ってるんだけど、それもなかなか踏み切れない。
小説書き始めたのがこのサイトなので人生の中で私の書いた小説全部が今このサイトにあるのかと思うとなんかそれも記念だよね…とかも思ったりするのでもう燃え尽きるほどヒート。(オープニングかっこいいね)

サイトもこんなに長くやるとは思ってなかったのでうっかりオープンした日とかちゃんと残ってますけど、いったい何年やってんだろこのサイト。私の進化のなさは大丈夫なの。二十代入ったばっかだったのにもはや三十目前ですよ。この前NHKの人が私しか家にいないときに来てさ、NHKのなんちゃらなんですけど~って言うのね。(たぶんお金払ってくださいのやつ)うわーめんどくせーのキタコレと思いつつ出たら速攻で「お父さんかお母さんいるかなぁ?」と言われた。「いません」っつったらじゃあ誰か大人の人…とか言うわけですよ。わしじゃ!わしが大人じゃ!
でも面倒だからいませんっつった。NHKのなんたらなんだけどわかるかなぁ?と言われてちょっとわかりませんって返事したらそうだよね…じゃあまた来るね何時頃だとおうちの人いるの?って聞かれたので夜中12時過ぎだったらお母さんいますって答えといた。それ以来誰も来ない。だいたい何歳だと思ったんだよ。


この前母の友人と偶然会ったんだけど、私が高校生のときに会って以来十年ぶりくらいだったので、そっちの方も十年ぶりっていうのは覚えてたんだけど冬至私が何歳だったかを忘れたみたいで、「十年前に一回会ってるはずなんだけど覚えてるかな?覚えてないかなぁ?十年前だと小学生とかだよねぇ?」と言われて吹いた。
十年前がすでに高校生です。たま~にたばこを買うと年齢確認をされることもある。


そんでこうやってたまに若く見られることがあったりしてそれをしつこく覚えてることがもうすでに歳なんだよなぁと思うわけです。実際いい歳ですよ。そのうちこんな嬉しい話もなくなるわけです。

なんの話をしてるんだなんの。



ところで水戸企画始めたら自作ゲームのシナリオがもろに止まりました。そらそうだw両方っていうのはやっぱ難しいねえええええ!!
関係ないですけど私ツイッターもフェイスブックもなんもやってません。
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
| メイン |