スポンサーサイト
- --/--/--(--) --:-- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | ▲ top
しにたい…
- 2012/10/30(Tue) 22:26 -
外付けHDDが壊れて全てのデータがなくなった。


全部。パソコン本体に入れてるデータは全くないのでもちろんサイト関連のものもデジカメの数年分のデータも何もかもがなくなってしまった…。


震災にも耐えたハードだったのに鬱すぎる。
スポンサーサイト
どうでもいい出来事 | CM(0) | ▲ top
ようやく終わった
- 2012/10/14(Sun) 20:36 -
わたし何かを忘れている…と思いながら数ヶ月を過ごして、やっと思い出しました。
小説ページの移動を忘れている!!


思い出せたので(もしや要介護認定か?)移動してきました。くじけそうになったけど今くじけたらまた忘れてしまうと思ったので根性でやってきました。

スラダンのほうのお題も普通の小説も別窓で開くようになりました。なので今までの別窓で開いて飛んでいたページが削除されて別なページと繋がっているので、もし別窓の小説ページをブクマとかしてくださってた方いらしたらお手数ですがリンク張り替えてください。腹減った。

つーか更新してから気づいたんだけど、お題のほうを先にやっていたので普通の小説の方は今日いじって今日アップしたんですけど、お題と同じテンプレ借りてるんですがなんかスタイルシート違う…ということは私スタイルシートいじってたんだねきっと。記憶がない。いやある。いじったといえばいじった気もする。
なのでお題小説はタイトルが太字になってるのに小説の方がなっていないという。まぁ読めるからいいよね。今度やるね。


ところで最近読んだマンガの話。


喧嘩商売読みました。
木多てんてーです。幕張のひとです。8巻ぐらいまで発売されるたびによんでたんですけどいつからか急にぱったり読まなくなってたら22巻まであった。(友達が買ってるんですけど、その友達が今度家を建て直すっつってマンガ本預かってくれないかとうちにダン箱なんこか持ってきたんですけどその中に入ってた)(ちなみになんで私が預かったのかというと「だって俺の性癖がバレちゃうから滅多な人に預けられないでしょ!」という必死な懇願から)(エロ本の話だよ)
本気で吹いたwwwwww笑えるマンガっていうのは数多く存在するけど、リアルに一人で読んでるときに「ブフォ!!」って吹き出すマンガっていくらもないと思うの。でも喧嘩商売はほんとにリアルに吹いた。
喧嘩商売はなんの話なのかというと、現在最も強い格闘技はなんなのかという、それを求める喧嘩の話。
主人公は喧嘩強いんだけど、一回もっと強いやつに負けてから打倒そいつになって今必死で喧嘩を特訓してる。そんでそれと同時進行でいろんな格闘技とか我流とかで強いやつが最強に強いのを決めるためにトーナメントが始まったところ。エアマスターの話じゃないよ。
間違っても「転校先で初日にヤクザに絡まれて運悪くその時勃起していたのでいかにバレないようにチンポジを直すか必死になって考えたが結局直すところをクラスメートに見られて嫌われる」話ではなく、間違っても「チンポジ直した手で触んなやとののしられたにも関わらず17歳で初体験って響きがいいよねとわけのわからない洗脳を繰り返してあやうく少女の処女を奪いそうになる話」でもなく、「女子高生ハンターの担任が主人公のフリをして別の女性に子供を作りまんまと主人公を加害者にしてやる話」でもなく、「朝まで討論!女子高生とセックスしてもいいのか!?という番組を作りそこにかねてから登場していた元知事(のそっくり)さんとか森元ライオンさんとか極楽で昆虫名なあの元片割れ(にそっくり)さんとかなんかもうやばいだろってぐらいのキャラを登場させて延々と女子高生とセックスがしたいという討論をさせている話」でもない。あくまで喧嘩でつえーのは誰なんだぜ!?というコンセプトである。(と信じたい。)ちなみに今回もいきなり連載や~めたとかいうのはやめて頂きたい。今回ばかりは本当に!!本当にやめていただきたい!!


あとは昨日、ボーイス・オン・ザ・ランという話を読みました。これも預かってるマンガの中の一つなんですけど、コレは前に読んでみて、といわれていたのを思い出して箱をあさって読みました。
これをすすめてくれた人が「女なんて!!と、なる。」と言っていたので暗い話かしらと思っていたけど、暗い話ではなかった。暗くはなかったけど、「女なんて!!」と私も思った。女でさえ思った。
ネタバレすると、主人公は会社の事務員にほのかな恋心を抱いている真っ最中で、会社の飲み会でその事務員と一気に距離が近づいてメールまでする仲に。でもチキンな主人公(27歳)はそれ以上の発展の仕方がわからなかったので、たまたま同業でありライバル社の営業マン(イケメン)と仲良くなったので、イケメンならこういうのうまいことやるだろうと相談すると、イケメン&イケメンの狙ってる子・主人公&事務員で飲みにいくことに。それでもぐっと距離を縮められたのだが、主人公の行動がちょっと事務員に勘違いされてしまって、事務員はもうすでに主人公のことが好きだったのだが事務員は今まで(確か)彼氏いなくて処女で恋愛とか免疫なくてもう手遅れ。誤解を解く前に事務員とライバル会社のイケメンが付き合ってしまった。それでも未練たらたらだった主人公だが、しばらくすると事務員がイケメンと別れたということを知ったはいいがしかし、事務員は妊娠してしまったというトンデモ落ち。なぜか主人公が中絶するサインをしてあげ立ち会い、未練ありまくりの事務員を必死で慰めている。イケメンは別れたあとのことだし、とお金だけよこす。それにキレる主人公。絶対あいつ殴る!と心にきめて、付き合ってもいなかった片思いの相手のためにボクシングを始めることに。一ヶ月という期間ののち、宣戦布告の通りイケメンの会社に乗り込み喧嘩を売る。のだが、一発も入れられない悲惨な結果に。一ヶ月で強くなれるわけないでしょ。うすっぺらなんだよ。あんたの人生そのままじゃん。という痛い非難も浴び、さらに事務員はイケメンの後輩ともヤっていたことが発覚。事務員はその日会社を辞めて田舎に帰る手はずだったのだが、ボロボロになった主人公が必死の思いで事務員の乗る新幹線に間に合うと、トドメに「イケメンくんは怪我してなかった?」とか聞かれる始末。処女がビッチに転落していくのをただ指をくわえて見てるだけだった主人公でした。
無職になった主人公はボクシングだけを続けることになるのだが、そこで失恋を立ち直らせる新しい恋に出会うのだが、その人はすでにだんながいて、とか云々かんぬんでもうちょっと続く。
その人と付き合えることになったのだが、その人の出張先で昔の事務員が出会い、主人公たちの関係を知った事務員がまたもいろいろやってくれて大変なことに。そして彼女のだんな(失踪していた)も出てきてまた大変なことに。とかうんぬんですがまぁ最後はぎゅっと詰め込んで終わったは終わってた。

事務員の転落っぷりがやけにリアルで、おま、こういう真面目そうに見えてビッチみたいなひととリアルになんかあったの?というような感じ。後半で彼女になったハナちゃんという子はよかったですけどね。でも、結婚→だんな飲んだくれになる→だんな失踪→愛想がつきた離婚したい→主人公からのアプローチ→だんないるよとちゃんと言う→付き合うことに→事務員がやらかしてくれたおかげで別れる→だんな帰ってくる(借金付き)という流れで帰ってきただんなとやったよ。とか言ってたところがなんかこうさ、なんかリアルだよね。駆け引きとかじゃなくてさ、この前の事務員とは俺はやってません、だんなと別れて俺にしてくださいとか言う主人公に正直にでも私はこの前帰ってきただんなとやったよって正直に言うところがなんかやだよね。(ハナちゃんがいやというのではなく)少女マンガなら隠すとか泣きながら言うとか言ったあとで泣いて謝るとか後悔してたりとかあるけど、そういうのないからよけいにリアルで生々しいよね。だって普通に考えたらやるよね。いくら失踪しててもその状況ならだんなとやるよね。でもさ、マンガだったらやらないよね。マンガだから普通にだんな現れてもあとは主人公となにかしらあって戻るだろうと思ってたけど、やったよとか言ってて、それ見て「あ、まぁ普通にその状況だったらやるよね」とは思ったけど、なんつーのこう、マンガとリアルの生々しさのギャップっていうかさ!マンガにはそんなにリアルはいらないよね!私はいらないのね!昔はすきだったけど今この年になってマンガでぐらい楽しくハッピーな気分になりたいわ~とか思うのね。おやすみプンプンとか積極的に読めないのねもう。(7巻までしか持ってない)面白いけど読みたくないんだよね。もういいよ。現実の辛さはもういいよ。楽しいことしようよ!だってマンガって娯楽じゃん!たまにはいいけど毎回リアルに痛いのとかお腹いっぱいだよ!とか思う。なのでボーイズ・オン・ザ・ランは面白かったですけどきっともう読み返さないでしょう。個人的にエピローグがきつかった…。

というわけなので私は男同士が大好きです。BLには夢も希望も絶望も同じくらい詰まってるので大好きです。
更新(PC) | CM(0) | ▲ top
更新…してませんね
- 2012/10/03(Wed) 21:46 -
洋花サイト用のものが!あるにはあるんですが!!スキャンするのがすごく!めんどくさいです!!
先月にはすでに出来上がっていたんですけど…いや半月前にはすでにあったような…。明日やります。健太やります。(知ってる?)


ところで最近読み返したマンガの話をします。

ここ一番の最近はARMSです。
皆川さんがサンデーで書いてたアームズっていう少年漫画なんですけど。
渡し皆川さんとはスプリガンというマンガの単行本で出会ったんですけど、ARMSが連載開始された当初は少年サンデーでリアルタイムで見てたんです。もちろん単行本もうちにはありました。で、でもちょっと途中で正直言うとつまんないと思って流し読みしかしませんでした。そのうちサンデーも買わなくなったんですけど、単行本で新刊出ても別にいいやと思ってそっちも流し読み程度で。もちろん途中でイミフになってしまったという。アリスってだれだっけ?っていうレベルの流し読みを。一応全部読んだはずなんですけどもう頭には入ってなかった。

でもD-LIVE!!でめっちゃはまって。あれはまた短編が何個も入ってるような形式だったからスプリガンもそうでしたし、やっぱ皆川さんおもしろいよ!!最高だよ!!ていうか絵がうますぎるよ!!とか思ってよし、ARMSまた読み返そう、と、D-LIVEが終わった当時もう一回ARMSチャレンジしたんです。弟も面白いっていってたし。

しかし、また二冊くらいで断念した。

なんでなんだろ?自分でも不思議。ちょっと話がややこしいから?いや違うよね。なんかよくわかんないんですけど続きが気にならなくていつのまにかまた読むのやめてました。


そんで最近今集めてるマンガの新刊たちを買った中に現在の連載のピースメーカーというのもあって、それを見てまた急にやっぱりARMSもちゃんと読もう、と思って震災以降片付けられていないマンガ本の部屋からやっとの思いでARMSを全巻探し出して着手した。


面白かった。


いや逆に、なんでわたしコレに何度もくじけたのかが不思議なレベル。
確かに主人公の高槻にはそんなに愛着沸かなかったというかどのキャラにも一貫して沸かなかったんですけど、それはスプリガンも同じだし(というよりピースメーカーもそうなので、私の場合D-LIVE!!が例外すぎる)そんな問題ではないと思うんだよなぁ。

まぁとにかく面白かったです。

平凡(なはず)の主人公が知らない間に世界を取り巻く陰謀的な事件に巻き込まれて自分自身と葛藤しながら平和な日常に戻るために戦う、っていう、ほんとかいつまむとこんなあらすじなんですが。
知らない間に右手に戦闘用の武器っていうかなんかそういうのが取り付けられてて、それを持ってる意味とか理由とか過去とかとぶつかりながら「仲間!勇気!愛情!」とかをテーマに…って、なんかチンケな言い方しかできないけどこんな単純なものではないからね。すんません。ARMSファンの方すんません。


ていうかね、みんな強いっていうか、強くなるんだけど。もちろん主人公の高槻は主人公だからものすんごく強くなるんだけど、それでも最終的に飛びぬけて強かったのが通りすがりのサラリーマンっていうさ。すごくね?逆にすごくね?
つか皆川さんのマンガってわりと両親が強いんだよね。主人公の両親が。
高槻の両親すごいんだよ。ママンもにこにこしてるのに元傭兵という飛びぬけた設定でめっちゃ強いんだよ。
思い返せばドライブの悟の両親もそうだったよね。お母さんが病気で死んじゃうけど、お父さんと同じ仕事してた人だからその道のエキスパートなんだよ。皆川さんの作品見て両親がめっちゃ強いとか見ると「またか!!」って思うけど、私が意外にその設定が楽しみで仕方なかったりもする。なんかわくわくする。

ARMSでいいなと思ったキャラはやっぱり隼人とかかなぁ。武志も中盤とか好きだし。(後半あんまり出番なくて寂しかった)あとはアルでしょうやはり。この天才アルボーエンのなんちゃらかんちゃらとかいっつも言ってたクソガキがいきなり十年後あんな姿に成長しているとは誰が思ったでしょうか。(いやうすうすは感じてた)
あとはキースならグリーンもレッドもバイオレットも好きでしたけど私は例によって例のごとくブラックも好きですよ、と。見せ場がwwwwなかったwwwwブラックwwwww
なんという可愛そうなブラック。そこがすき。死にたがりのブラック。そこがすき。
通りすがりのサラリーマンも兜のおっさんも好きです。


しかしこうして皆川さんの作品読み返してしみじみ不思議なのがなぜ私はこと百舌鳥さんと悟にだけあんなに振り子がゆれているのか。基本的に皆川さんのマンガは話がすきなだけなんですけど。でもなぜか百舌鳥さんと悟だけは飛びぬけて好きなのが不思議。ほんとに自分でも不思議。

確かにARMSは私の個人的な感想だと他の皆川さんの作品とはなんかちょっと毛色が違う印象はありますけど、面白いのは確かでした。王道をあえて進むのがいいんだろうね。楽しかったです。
好きなもの関係 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。